« ドラクエ4:6 第2章 爺さん放浪記 | トップページ | ドラクエ4:8 第3章開始 »

2014年6月10日 (火)

ドラクエ4:7 第2章 武闘大会

7_1 7_2 エンドールから再開。

大会前に、まずはエンドール王とモニカ姫の話を聞く。

優勝者に娘をやると王様が公言したため、優勝者と結婚しなければならなくなったモニカ姫。
優勝者が女性なら結婚できないので公約を守らなくて良くなる、だからアリーナ姫がんばってという流れ。
2章の主人公がライアンだったら危うく導かれし者が一人欠ける所だった。

ブライ「アホ……いやいや、軽はずみな王のために姫君がお困りとは、むごい話です。
こうなれば、やはりお助けするのが人情でしょうな」

大会前に、エンドールのアイテムを回収。鉄の爪購入。

7_6 その後は城の周囲で修業。大会前にもう少しだけレベルを上げておく。

ここらにはたまにメタルスライムが出るので、聖水を買いこんで撃破を狙う。

無論、他の敵とも戦う。
ルカナンを使い
ヒャダルコの利きも悪い骸骨剣士が手強い。
さそりアーマープテラノドンはヒャダルコの通りが良く、稼ぎやすい。

クリフト、レベル13でマホトーンを習得。

アリーナのレベルが14になれば安全圏。武闘会へ出場する。

7_11 7_21 7_22 試合開始。
優勝まで5人倒さねばならないが、前半の3人は楽勝。

ミスターハン:ただ殴るだけ。3発でKO

ラゴス:戦闘前に薬草を使ってから挑む。
素早いので、相手の攻撃を受けてから反撃して戦う事になる。まぁ素早さ以外は大した事無いので、レベルが足りていれば問題無い。
5発でKO

ビビアン:魔法を使ってくる。守備力無視でダメージを与えてくる嫌な相手……だがMPは低い、
よって防御を続け、敵のMPがきれてから攻撃。後はただのサンドバッグ。

前座の3人を倒してから、本番の2人と対戦となる。

7_23 7_24 サイモン:ラゴスの逆で、素早さは低いが攻防ともに高い。
打撃2発に薬草、ぐらいのペースで戦う。たまに打撃即薬草。
撃破。

ベロリンマン:最後の相手にして一番困った敵。分身から本体をあてて殴り倒さねばならない、つまり運ゲー。
見破る方法は無い(あっても自分は知らない)ので、上から順番にぐるぐる、当たるまで攻撃。
だが以外と攻撃がテンポ良く当たる。今回は運良く楽勝できた。

最後の相手・デスピサロが呼ばれるが、彼はなぜか姿をくらましていた。
まぁ彼本来の目的は、この時点では勇者を探し出して抹殺する事のはず。それらしい者がいなかったので帰って寝ちまったのだろう。

こうして優勝はアリーナとなる。

7_13 7_18 王から礼を言われるアリーナ。
王もなんだかんだで後悔していたのだろう。
そのぐらい想像できんのかと思わなくても無いが。

ブライ「フム。しかしまあ姫君も助かったことですし、よかったと言うべきですかな。
それにしてもデスピサロ。
あやつはいったい……?」

デスピサロの存在が気になる爺さん。何かピンとくる物があったのだろうか。
この時点ではまだ会った事も無いのだが。

なお、ゲームブック版では、確かデスピサロの試合をアリーナが観戦して「なにあれ強すぎ。私勝てるの?」と驚愕するシーンがあったような気がする。
決勝で棄権され、繰り上げ優勝になる点は同じだが。

7_27 7_25 7_30 エンドール城を出ると、伝令の兵士が行き倒れている。

傍の店で防具をありったけ買い、急ぎ城(無音)に戻るも、誰もおらず。

ブライ「これは きっかいな!
いったいどうしたというのじゃ!」

やむなく一行は城を後に皆を探す旅に出た。

これで2章もクリア。次はトルネコ主人公の第3章である。

C)ENIX(現株式会社スクウェア・エニックス)

|

« ドラクエ4:6 第2章 爺さん放浪記 | トップページ | ドラクエ4:8 第3章開始 »

ドラゴンクエスト4 プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/56461962

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエ4:7 第2章 武闘大会:

« ドラクエ4:6 第2章 爺さん放浪記 | トップページ | ドラクエ4:8 第3章開始 »