« 特撮大戦 第52話 次元歪曲フィールド | トップページ | 特撮大戦 第54話 ウルトラの星光るとき(前編) »

2014年5月 8日 (木)

特撮大戦 第53話 災いの流星

オリジナルキャラのストーリーで一息ついた後、次はワンセブンの決戦ステージ
この時点で資金350万、資材400万まで貯まっている。
これをフルに使えばこの面も楽勝なのだが、ここはあえて必要充分な程度に出費を抑えておく事にした。

事前準備

ワンセブンの運動力を9段階目まで改良。
HP回復キットとハイディフェンサーを装備

郷さんにブースターを2個装備
マットアロー1号にハイディフェンサー装備
ウルトラセブンにハイパーマニューバを2個、ダンにハイパータブとカプセル怪獣を装備
シャイダーにハイパータブ装備
F-15JⅡ(試)とAH-1Sヘリにブースターを2個ずつ装備
ヴェルヴェットにソウルアフェクター装備

結局、改良したのはワンセブンの運動力だけだ。
敵への命中率が確保できればそれでいいので、もう少し低くてもなんとかなるとは思うが。

ステージを開始すると、次元歪曲フィールドについての説明コーナー
要するにどこでもドアみたいなもんらしい。
それとはあまり関係なく、対ブレイン用の人工知能・ビッグエンゼルが完成。それを知ったブレインが、雌雄を決するべく最後の戦いを挑んでくる。

5310_2 5311_2 ACT1

ブレイン自らがロボット軍団を率いて来る。
迎え撃つのはワンセブンとウルトラ警備隊。

3EP:ブレイン撤退。
敵増援1・ケルバーン2

結局は大将自ら先陣を切らないが、ブレインはもともと戦闘メカではないので仕方がない。
ウルトラセブンと正面決戦したら分が悪い事ぐらい、人工でも頭脳を持つブレインなら理解もできるだろう。

敵が接近するまでにワンセブンを発電所に入れ、他はその東か南へ。
この時、ダンはワンセブンの北隣から5マス離れた位置へ

敵が射程に入り次第、ワンセブンはケルバーンを撃墜。
気力が貯まったらグラビトン→チャージを繰り返し、ブレインロボットを優先的に撃破
ケルバーンは反撃で落とす。

5312_2 ただしハーケンキラーだけはウルトラセブンが狙わねばならない
このハーケンキラーというロボット、なぜか異常なまでに高性能で、回避力がゲーム全キャラ中No.1。
レベル65のセブンがハイパーマニューバを2個装備(計命中率+30%)しても、やっと命中率は70%程度だ。
ワンセブンに至っては、フル改良していてもこちらの命中率が1%という驚愕の値になる。
そのうえ攻撃力も高く、防御していないと一撃で即死させられる。

よってワンセブンはハーケンキラーには攻撃も反撃もせずひたすら防御、相手の射程外からセブンが必殺技を当たるまで撃ち続ける……という戦法しかない。
なんでこんなに激強に設定したのか不明。
原作ではゼットンポジションの最強敵だったりしたのだろうか?

また、この面まで来るとケルバーンの攻撃も1ダメージに抑えるのは難しい。
よってケルバーンはワンセブンの3マス以内にいる物から落とし、被弾回数を下げる。
まぁ攻撃目標の優先順位はあくまでブレインロボが先、射程内に敵ロボがいない場合の話だが。
最後に敵を1機残し、チャージしてからPPで撃破。

5320_2 ACT2

中間メッセージデモで、ナガーの首領が元地球人だという事も語られる。

一方、ブレインは再び姿を現した。
無論、無防備なわけもなく、己の周囲に敵対するメカを狂わせる結界を張ってである。

というわけで、ここは敵結界・ブレインエリアのイベントマップ

状態は前ACTからの引き継ぎ。
メカがダメなら郷さんに頼めば……と思うが、そんな親切な協力体制を簡単にしいてくれるゲームでは無い事、既にご承知の通り。

5321_2 ここはワンセブンがブレインの4マス以内に接近すると終了。

ただし地形効果の高い山の上で行動を終わらせる
これは次のACTのため。

次のACTにワンセブンの位置も引き継ぎ。
そのまま敵と戦わねばならないからだ。

せっかく周囲に山地があるのだ
利用しない手はない。

5330_2 5331_2 ACT3

三郎の精神論に諭されて突撃したワンセブン、見事に行動不能。
救出のため防衛隊が出動。
明らかに面倒事を押しつけられてるキタクラさんだが、そんな彼女がやられるとゲームオーバー。

まずは高速で敵から逃げる。
2EP敵増援1・ケルバーン4EPにも敵増援2・ケルバーン
意外と敵は本気で追いかけてこないので、北東をちょろちょろしとけばなんとかなる。

6PP敵増援3・ケルバーン
直後、サワ隊長の自爆イベント
このままでは埒が明かないと踏んでの神風特攻である。
ブレインが怯んだ隙に、味方増援・ワンセブンが三郎を乗せて復帰。
また主人公コンビ、選択枠5人も来る

光太郎・郷さん・宇宙刑事3人を出す。
敵にも増援4・ギガント2が出る。

まずはソウルアフェクターで全員の気力を上げ、変身。
キタクラさんは南下して味方と合流。
進路を邪魔するケルバーンは、敗北条件に絡まない味方戦闘機を囮(事実上の生贄)にしたり、ビッグマグナムで吹き飛ばしたりして、キタクラさんの逃げ道を確保する。
Lサイズを攻撃できない味方は、ギガントと戦うべく動こう。

郷さんは工場へ
工場に着いたらマットアロー1号に乗り換え、ハイパーマニューバを装備してから北上、ケルバーンと戦う。

5332_2 5333_2 後は追ってきたケルバーンをマットアロー1号になすりつけ、片っ端から撃墜してもらう
レベルさえしっかり上げていれば、被弾率は1%(このゲームの最低保証値。
内部計算ではマイナスになってる)なので負ける事は無い。
万が一落とされたら、たんにシャックになって戦闘を続行するだけだ。

ま た、マットアローがケルバーンと戦い始めたら、ケルバーンの射程外から宇宙刑事が母艦で攻撃を仕掛けるのもいい
ここまでレベルが上がっていると、戦艦の 武器が無改良でも気力次第で撃墜していける。
この面のケルバーンも結構な経験値をくれるので、ハイエナしておけばレベルも上がる。

ワンセブンは地形効果の高い山中に陣取り、周囲のケルバーンを殲滅する。
これがワンセブン最後の雄姿
気力と地形効果でまともなダメージは受けないので、何も恐れる事は無い。

敵を全滅させると敵増援・ブレイン
とはいえこれはイベント戦闘。
ワンセブンが特攻し、刺し違えて倒す

こうして狂える人工知能は滅び去った。
また一つの戦いに終止符が打たれたのだ。
だがナガーの戦艦が地上に到着……最終決戦の時も近い。

(C)BANPRESTO2001

|

« 特撮大戦 第52話 次元歪曲フィールド | トップページ | 特撮大戦 第54話 ウルトラの星光るとき(前編) »

特撮大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/56000553

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮大戦 第53話 災いの流星:

« 特撮大戦 第52話 次元歪曲フィールド | トップページ | 特撮大戦 第54話 ウルトラの星光るとき(前編) »