« 特撮大戦 第58話 聖夜 | トップページ | 特撮大戦の真実 »

2014年5月16日 (金)

特撮大戦 第59話 明日へ

とうとうやってきた最終面。今回のプレイでの、ヒーロー達の成長ぐあいをふり返ってみる。

5901 まずはレベルトップ集団。
経験値の多いLサイズユニットを57面で叩き落しまくったウルトラセブンが首位。
次に
個人的な主人公・てつをさんが続き、ゲーム的な主人公のヴォルテックスが追う。
ワンセブンが戦うと三郎にも経験値が入るので、戦闘回数は皆無ながら三郎もここ。
シャイダーもLサイズユニットを倒し易いので上位に入った。
次のライダー達は活躍から考えて上位集団なのは順当なところ。
レベルだけなら大作もここにいる。

5902

次は中堅層
復帰したヴェルベット・リバースは、使用頻度は高いがサポート的なキャラなのでここに甘んじる。
シャリバン・イナズマン・ギャバンは終盤に参加できない戦闘も多かったのでここに。
キカイダー01もバイオ系ルートなので伸び悩む。
カプセル怪獣はセブンとの、荒井さんはイナズマンとの戦いにお供してこの層に。
ご主人が強いとおこぼれもそこそこいただけます

5903 最後は下位軍団

 単純に出番の無い人達が仲良くベンチに座る。
ダーク壊滅以降はする事の無いキカイダー。
改良費がかかるので召喚されないウィンダム。
フルパワーで戦うためには5枠必要なので敬遠されがちなゴレンジャー。
そして今回のプレイでは使わず済ませたレッドバロンが、初期レベルで堂々のしんがりを勤める。
なんという錚々たる顔ぶれであろうか。
これならば敵の首領も恐れるに足らず。
勇気みなぎる最終決戦の始まりである

事前準備

貯まりまくった資金を大量投入。
仮面ライダー1号・2号・V3の性能をフル改良
宇宙刑事の格闘・必殺技・間接攻撃をフル改良。
ヴォルテックスとヴェルヴェットにブースターとハイパータブ。
アニーにソウルアフェクター。
RXにハイパータブとハイパーマニューバ。
ライダー3人にハイパータブ。
イナズマンFにハイパータブとハイパーマニューバ。
荒井にHP回復キット2個。
資金が190万まで減る。資材は340万ほど残る。資金の方が多かったのに、この減り具合の差……正直、なんで2つの項目に別れているのか、未だによくわからない。
いっそ改良は資金・アイテム生産は資材とかにはっきり区分してしまった方が良かったのでは……

ともかく、ヒーロー達はナガー戦艦に突入した。
今、地球の命運をかけた戦いが始まる。

5910_2 5911_2 ACT1

敵基地最深部で動力炉発見。

アステカイザーに似ているアプファロンがまず先方。

隼人が「勝てるのか? 俺達だけで……」とか考えている。

結論から言えば、物の数では無い

ただ、初期配置の味方は全員が敗北条件の対象であり、一人でも倒されるとゲームオーバー
荒井さんがそんなに重要な人だったとは驚きだが、後ろから回復キットをねじ込む役は、確かに重要ではある。

1PP:重要な荒井さんは後ろに下がる。

他はハイパータブで気力アップ。ギガントでも適当に倒しておく。

 5904_2 5912 だがRXだけは別――アプファロンをRXキックで攻撃
アプファロンは大したHPを持っていないので、
一撃で倒せる
初手で爆発する最終面の敵中ボス、なかなかお目にかかれまい。

2PP味方増援1。宇宙刑事+アニーに加え、選択組は3人しか選べない。とりあえず回復能力持ちの方々をセレクト。まぁ使わないんだが。
なお
この増援メンバーは敗北条件には関わっていないので、倒されてもかまわない。ギャバンは荒井さんほど大切ではないという事だ――戦力的には真逆でも。
ここで
「気を付けてください! アプファロンの融機鋼がどんな物かわからないです!」と言う光太郎。
発言者の攻撃でとっくに消滅したがね。
先発隊は一旦南下して合流。
宇宙刑事はアニーのソウルアフェクターで気力を上げておく
2EP敵増援1・ギガント

3PP:先発隊は北に打って出る。ライダー達を西側に固め、イナズマンは広間の入口から北へ2・東に1へ。
3EP敵増援2・ギガント

5913 5914

4PP味方増援2・主人公コンビ

ヴォル細胞さえ超える「人の心」を断言するエイジと、「人の心」の裏面を口にするナガー首領とのやりとり、自分は割と本当に結構好きだ。

登場直後にイベント変身。
戦線から遠いので、できるだけ急いで駆け付けたい。
真っ直ぐ進み続ければ、ラスボス戦には一応間に合う。

他の敵は全部消えている事もままあるが……


5915 敵増援3・ヴォルフィード、ヴァルキュリア、ギガント
ヴァルキュリアはこの状況なら大した相手ではないが、ヴォルフィードは逆にこの面で最大最強の壁。正面から挑むと本気で犠牲者が出る。
よってヴォルフィードはダブルライダーキック2連発、ヴァルキュリアはゼーバーイナズマンフラッシュで
何もさせずに倒す。
4EP敵増援4・ギガント

5PP:ここから宇宙刑事を前面に押し出し、レベルを上げたい者をギガント2の出る北東へ向かわせる。こいつらはレベルが高く設定されており、ラスボス前の最後のレベルアップに励む事ができる
5EP敵増援5・ギガント

7PP:ここらで敵は全滅。とっくに倒されていたアプファロンが死に際セリフを吐く
一言つげるために瀕死のまま7ターン倒れていたアプファロンに敬意を払わねばな……

5920 ACT2

ついにヒーロー達の前に姿を現した、ナガーの皇帝・ゼファス
位置と状態は引き継ぎ。
相手の能力は流石の一言、
SサイズユニットでありながらHPは4ケタ・1000オーバー!
攻撃力もヒーローの必殺技クラスであり、それを無消費で放ってくる。
まさに首領の風格と言えよう。

だが最大射程は2
あと位置引き継ぎなので、
あらかじめ自軍の攻撃範囲に入れて戦闘開始できる

とりあえずダブルライダーキックとヴォルテックス・クライを連続で叩き込んだ。
ゼファス、戦闘画面に移行する事なく爆発。エイジのレベルが77になる。

だが戦いはこれで終わらなかった。
ついに真の黒幕……
ゼファス・コア登場。

5921 5930 ACT3

首領・ゼファスでさえ、外宇宙の生命体に寄生された傀儡にすぎなかったのだ。

ナガーがやってきた惑星・ナンバーテンこそがその生命体であり、その核がゼファス・コアなのである。

コアは言う。
地球人は彼をナンバー・テンと呼んでいるが、それを言うなら彼から見れば
地球はナンバー2001なのだと。

5931 悠久の時をかけて星々を渡り歩いてきた超生命体……2001番目の餌食にすべく狙われた星の住民がそれを相手に挑む、いなるい。

 それがスーパー特撮大戦2001!

シナリオライター渾身のダブルニーミングが明らかにされるこの場面、毎度大いに高揚する。今こそ決戦の時。
再び位置と状態引き継ぎ。
最後の敵ゼファス・コアは、
ゼファスをそのまま一回り強化したような超高性能を誇る。

なのに射程が短いのは相変わらず
気力110になるまで長射程武器が使えず、最大射程2。
マップ武器とか3マス以上の射程の武器を片っ端から叩き込めばそれで終わる。5932

よって1PPで倒せるが、実は2PPにウルトラ兄弟が声援を送ってくれるイベント有り

主人公のHP、全回復。

BGMもタイトルミュージックをアレンジしたものでこちらを高揚させてくれる。

まあせっかくのイベントなのだ、数少ないゾフィの出番を見ておく方がいいだろう。

5933 5934 5935 5936 そんなわけで、今回もいつもどおり倒しておいた。

まぁ攻略本が無かったら、初見の敵の射程わからないゲームだし……接近戦しかできないのは抜け穴なのだろう、多分。
ちくちく戦っていると急に即死級攻撃を連発するようになるしな。

弱くはないよ、ゼフアス・コア。
強くもないだけなのだ……

5940 なんか色々納得できなかったのか、要塞を利用して地球を道連れに自爆しようとするゼファス・コア。
だがそこに、ランの兄・サトル(ヴォルフィードだった人)が再び立ち上がり、己が犠牲になって止める事を告げる。
彼はあえてコアと融合し、要塞のみで自爆を抑えた。

戦いは終わった。
要塞は四散し、世界に平和が戻る。

そしてその後、ヒーロー達は……

5941 どうなったのか、どうしてるのか、全然描かれねぇや
普通ならエピローグで各人のその後が描かれるのに、このゲーム、スタッフロールと
to be continuedの文字しか出てこねぇ。
まぁ特撮映画なんかでも、最終決戦が終わったらバイクに乗って走り去る主人公ぐらいしか映されなかったりするけどよ……
せめて続いて欲しかったな! 本気で

(C)BANPRESTO2001

|

« 特撮大戦 第58話 聖夜 | トップページ | 特撮大戦の真実 »

特撮大戦」カテゴリの記事

コメント

全面クリアおめでとうございます。

最近このブログに影響を受けて特撮大戦を始めた者です。
難しいゲームだと聞いてはいましたが、攻略本と、そして何よりこのブログの助力を受け、どうにか楽しく進められています。

私も管理人氏に倣って主人公はバイオ系・レッドバロンは二軍でやっているのですが、実は個人的にレッドバロンのファンでして、レッドバロンをフルに使って進める攻略法も知りたいナアと思う次第です。
もしこのゲームを周回なさるということでしたら、メタル系主人公・レッドバロン一軍ルートをぜひ見てみたいのです。
こんなゲーム二回もやりたくないぜということなら諦めますので、よろしければご一考下さい。

それはともかく、毎回楽しく読ませて頂きました。特にガイバーネタが出てきた辺りはファンとしてとても嬉しかったです。これからもブログは楽しく読ませて頂きます。

長文失礼致しました。

投稿: | 2014年5月18日 (日) 18時10分

これはどうもいらっしゃいませ。
買ってしまったのですか……いや、性に合えば非常に楽しいゲームではあるのですが。
11回目のプレイもいずれやるとは思いますが、その時にも記録は残しましょうかね。
ただ共通ルートも多いので、あまり変わり映えしない攻略日記になるかもしれませんが。
なおレッドバロンが一軍の時は、今回のプレイ記録のジャイアントロボをレッドバロンに置き換えて、ほぼ同じ事をさせるだけだったりします。
ともかく、特撮大戦を楽しめる事、お祈りしておきます。

投稿: 松友健 | 2014年5月18日 (日) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/56001740

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮大戦 第59話 明日へ:

« 特撮大戦 第58話 聖夜 | トップページ | 特撮大戦の真実 »