« 特撮大戦 第38話 極東基地SOS | トップページ | 特撮大戦 第40話 黄昏の死闘 »

2014年4月21日 (月)

特撮大戦 第39話 地球防衛会議

このゲームでも数少ない、Lサイズ戦闘に特化した面
まぁ対Lサイズ武器を装備したユニットばかりではあるので、味方Lサイズユニットを全く使わなくても理論上はクリア可能ではあるのだが、酔狂の道を極めたい傾奇者以外は素直にウルトラマン達で戦った方がいい
ウルトラマン・セブン・ジャックの3人が主力なので、ウルトラ兄弟の活躍で切り抜けよう。

事前準備

ウルトラマンにハイパーマニューバ装備
ウルトラセブンにHP回復キットとEN回復キット装備
ハヤタ・ダン・郷にソウルタブ装備
科特隊専用車にブースター2個装備
マットアロー1号のHP・運動力・耐久性を9段階目まで、麻酔弾を7段階目まで改良。ハイディフェンサーとハイパーマニューバを装備する
マットアロー1号はこの後も何度か活用するので、ここで思い切って必要なだけ強化しておく。ここまで性能を上げれば、敵戦闘機・ケルバーンならば余裕をもって相手する事が可能だ
本気で徹底強化すれば怪獣や敵ロボットとも戦えるようにはなるのだが、そこまでやるとコストパフォーマンスが悪くなるので、今回はやらない。

ステージ開始。世界の危機に対して大会議が開かれる。
ナガー戦艦の事もそこで話される。
ヴォル細胞が外宇宙から持ちこまれた物である事が、あまり関係ない所で明らかに。

3910

ACT1

ウルトラ警備隊が要人警護と護送。

本当にそれだけの、ステージ自体が無いも同然ACT

1PP終了と同時に終了。

何もせずに待機するだけでもいい。

なんでこんなステージを設けたのか、本気で謎。

3920_2 3921 ACT2

ブレインも横槍を入れてくる。その超生産力を使って、鉄面党のロボットまで復元。
たぶんデビラー博士に許可とってないと思うが、そこらへんは悪の組織なので仕方が無いのだろう。
対して、
こちらの初期戦力はウルトラホークと防衛隊員のみ

1PP:ウルトラホーク2機を西へ飛ばす。
キタクラは工場へ、防衛隊員達は工場の傍へ。

2PP:キタクラは輸送ヘリに乗せ、防衛隊員達も搭乗。一まとめで動かせるようにし、西へ。
つーか戦闘兵器が出てきてんのに
なんでこの人らは生身で出撃してんだ……。
ウルトラホークはヘリの南へ並べる。
2EP敵増援1・ブレインロボとケルバーン多数
味方増援1・防衛隊彼らも生身で出撃。
相手が戦闘機や巨大ロボだと知らされずに飛び出してきたとしか思えない。
職場での「ほうれんそう」って大事だと思うよ、マジで。

3922 3PP:ヘリを南下させ、ガンガーから6マス以上離れた場所へ(敵の射程が5なので)。ただし道路の上であること。
ウルトラホークはそれに続く。

その位置から、
スパーキィから3マスの位置に囮で誰かを出すここで敵ロボットを足止めしているかどうかで、後に来る味方増援の戦い易さが段違いに変わるのだ。
囮は運悪く吹っ飛ばされるかもしれないが、その程度はやむを得ない犠牲である。

3
EP
味方増援2・科特隊敵増援2・鉄面党ロボ。MAP南西に出るハヤタをいかに発電所へたどり着かせるかが、このステージの難易度の半分以上を握っている。

4PP:ヘリは防衛隊員を回収(生きていれば)、東へ逃げる。ウルトラホークも東へ。
ハヤタは発電所前へ移動し、車を乗り捨て、ソウルタブを使って気力を上げる
Jビートルは車の西の道路へ移動、イデはビートルを降りて車に乗る。この二人はEPで撃墜される可能性も高いが、敵の目を惹きつける事でハヤタの生存率が上がるのでこれでオッケーなのだ。
増援で来た防衛隊員達は、発電所とその前の道路を埋める。
4
EP
味方増援3・MAT戦闘機に乗らず「我々なりの戦い方がある」と言っているが、これは寝言なので完全に無視すべき。

3923 5PP:科特隊員や防衛隊員達を、発電所とその前の道路からどけ、東へ移動。
ハヤタはウルトラマンに変身し、発電所に入るこれでこのステージの半分は終わったようなもの。
MATから誰か(位置的に岸田隊員か)を工場に入れ、郷さんを入口の傍へ。他のメンバーは南東へ避難する。
5
EP:ウルトラマンは反撃で戦い始める。
ケルバーンは恐れる事なく格闘とウルトラ水流で潰していく。
敵ロボットの攻撃は強力なので、反撃は無理には行わず、HPに余裕がある間だけにする。

6PP敵増援3・キングジョー味方増援4・ウルトラセブン。キングジョーをセブンが格闘以外の武器で攻撃するとイベント発生、その後敵増援4(ケルバーン)。
3924 3925 工場のMAT隊員をマットアロー1号に乗せ、郷さんを搭乗させるそして西の増援ケルバーンへと向かう。
ここまで強化してあれば一方的に蹴散らす事ができるはずだが、郷さんを乗せていれば、万が一撃墜された時にジャックとなって戦闘を引き継いでくれる。まぁ保険といった所だ。同乗していると郷さんにも経験値が入って得だしね。
また、
キングジョーの射程(4)には入らず射程内に捕らえられたら5マス目まで離れる。
ウルトラマンはチャージしてHPENを回復した後、適当な敵ロボットを狙い撃ちする。
ケルバーンは反撃で落として自手番には怪獣や敵ロボを倒す……これが特撮大戦Lサイズ戦の定石である。

順調にいけば、7PPには発電所周辺が更地になり、8EPにはケルバーンが全滅する。
キングジョー以外を全滅させるとクリア

3930 ACT3

イベント戦闘そのものと言ってもいいステージ
ペダン星人とセブンが話し合い、撤退したキングジョーが再登場。
話し合いに何の意味があったのか、結局は戦闘になる。
とはいえ倒し方は決まっており、
フルハシがここで装備する新武器・R-30をキングジョーに撃ちこまねばならない
フルハシがR-30を撃つ気力は前ACTで既に貯まっているので1PPで敵から5マス目まで間合いを詰めて、2PPでとどめ
キングジョーは移動後攻撃ができないので、フルハシが敵から5マス目に入った時点で事実上勝負あり。

3931 このR-30は基本攻撃力5000という意味不明な威力(スペシウム光線が21002200)であり、味方の対Lサイズ武器で最強の威力を誇っている。
今後出てくるLサイズ敵ユニットをことごとく倒せる武器である……のだが、
最大弾数1であり、使い勝手は非常に悪い。
はっきり言って、
バイオ系主人公ルートでは今後使う必要は無い武器である。
まぁ無改良で最後まで通じる対Lサイズ武器と考えれば貴重ではあるのだが……。

クリア後、ドロシー博士にアイテムを開発させる。
どちらも非常に有用。特に
ソウルアフェクターは必須レベルに近いので最優先で開発する。
今後、開発が済んだら常に2~3個は常備しておきたい。

(C)BANPRESTO2001

|

« 特撮大戦 第38話 極東基地SOS | トップページ | 特撮大戦 第40話 黄昏の死闘 »

特撮大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/55861724

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮大戦 第39話 地球防衛会議:

« 特撮大戦 第38話 極東基地SOS | トップページ | 特撮大戦 第40話 黄昏の死闘 »