« 特撮大戦 第35話 暗闇への序曲 | トップページ | 特撮大戦 第37話 運命の王子 »

2014年4月18日 (金)

特撮大戦 第36話 不死鳥は翔んだ

ウルトラマンジャックとゴレンジャーに追加武装が来る
どちらも敗戦→強化→勝利という展開であり、タイトルはこの流れを指しているのであろう。
我らが主人公も、触発されたか新技の開発に勤しむ……子供のごっこ遊びレベルで

事前準備

シャイダーにソウルタブとEN回復キット
シャリバンのグランドバースにハイパーマニューバ2個装備
ヴォルテックスにブースターとハイパーマニューバ
ウルトラマンジャックにHP回復キット
敵にLサイズユニットが複数出るので、それを意識して準備する。

まずは黒十字軍がゴレンジャースーツの秘密を探る。
次に、発電所にキングザウルス3世が出現。
もちろんこの2つは特に関係なく別々の場所で別々に起こる事である。
だが後に2つが交錯する場面がちゃんとあるので、シナリオの細かい事が気になる人もちゃんと安心だ。

3610 ACT1

発電所の目の前でキングザウルス3世を迎え撃つMAT。
ウルトラマンジャックと怪獣が交戦するとイベントが発生、ストーリーが進むので、とりあえず手動でジャックを呼び出さねばならない。

1PP:マットアロー2号だけをキングザウルス3世から3マス以内で待機させる。

1EP:マットアロー2号が攻撃されるので、無謀にも反撃を選択。
もちろん破壊される
ジャック登場。

2PP:ジャックがキングザウルス3世に攻撃をしかけると、ダメージ0で通じない
強制敗北イベントによりステージ終了。

3620 ACT2

なぜか帰ってくれたキングザウルス3世
腹が減ってたから発電所を襲ったと推測されてなかったか。
まぁ人間側の推測が常に正しいとは限らないが。案外、散歩してたらたまたま発電所の前に出てきただけなのかもしれん。
だからといって様子見に徹するのは人間側がリスキーすぎるので、武力行使はまぁ仕方ないだろう。
大丈夫かもしれないから傍観してました→発電所がブッ壊されました
そんな事があったら仕事しねぇ防衛隊は解散しかねぇな。

それとは別に、ゴレンジャーも敗戦していたとナレーションだけで説明される。
戦闘描写が全く無いというのも思いきりすぎてないか。
ともかくスーツの資料が盗まれていたらしいので、ニュースーツ作成。

ここで大太(キレンジャー)にカレーの代金(ツケ)をたかられるが「ちょっと待ってくださいよ」を選び、断る。
これがルート分岐の選択肢なのだから驚き。
ゴレンジャーメインの話に進むかどうかなので、一応、ゴレンジャーのキャラへの対応で決めるのは間違ってはいないが……。

その頃、病室の郷に新武装のスペースレーザーガンが届けられる。
これもこのルートでの特典・追加武装なのだが、気づかない人がいても不思議じゃないぐらい影の薄い武器。
ウルトラマンに変身する前の武器なんて、名前も憶えてなくても仕方ねぇ。
性能そのものは決して悪くないので、念のため。

そして戦闘マップへ。
エイジとランが、エイジの思いつきで山奥の特訓。
目潰し・足払い・急所突きのコンボらしい。
完全に遊んでいる
ここだけ彼の性格変わってるように見えるな……。
一応選択セリフがあるが、特に意味は無いので「とにかく特訓しよう」を選んでおく。

このステージの敵は戦闘員が4人だけ。
殴り倒して終了

このステージの代わりに、ゴレンジャー敗退ステージを作って入れといた方が良かったんじゃ……。

3630 3631 ACT3

郷さんのプレゼントがアキさんに届く。
だが郷さんは病院から姿を消す。
一人で山へ修行に行ったのだ
なんとも時代を感じさせるエピソードである。
仮面ライダーBLACKぐらいまでは、技が破られたから山で修行ってのはよくある話だったのだが。

一方、黒十字軍のナバローンが暴れだしたので、ゴレンジャーの赤・黄・緑が敵を引き付けるために戦闘開始
勝利条件はナバローンに隣接するだけだが、資金のため戦闘員は全て倒しておく。

南から順に、赤が射程2の鞭で弱らせてからとどめ。
森の地形効果も利用。
敵は戦闘員ばかりなので、特に苦戦はしない。
戦闘員を全滅させたら、緑が空を飛び、ナバローンから7マス離れた位置で待機。
次のPPで一気に近づき隣接する。

するとイベント発生。
ナバローンの攻撃で、赤・黄・緑の3人が囚われてしまう。
結局こうなるわけだが、次のACTで逆襲できるので我慢だ。

3640 3641 ACT4

ついにニューゴレンジャースーツ完成
ゲーム的には各人に一つ、武器が追加される。
スーツの強化なんだから性能が上がりそうなもんだが、キレンジャーの最大射程が2倍になるので納得しよう(1→2になる)。

郷さんは修行により流星キックを習得
こっちは自力でパワーアップ。
光の国からは資金援助が無いので独力でなんとかするしかない。
まぁ光の国の通貨は地球に流通してないだろうから仕方ねぇな。
また、ここでようやくバグが外れ、ジャックが強化パーツを装備して戦えるようになる
これも修行の賜物か。

さて、処刑寸前の赤・黄・緑。
だが場にキングザウルス3世が登場。
現場の混乱に乗じて、青と桃がバリタンクで3人を助ける。

シナリオが絡んだぞ。
黒十字軍の処刑場はキングザウルス3世の飯時の通り道だったんだ
あちこちに怪獣が出る世界は大変だな。
おちおち処刑もできやしねぇ。

1PP:まずはMAT機を北側へ退避させる。

2PP味方増援1・ジャック、ゴレンジャー(前ACTの状態引き継ぎ)
敵にも増援1・黒十字軍の戦闘員

ジャックはキングザウルス3世から3マスの位置、森の中へ移動し、HPが減っているので、HP回復キットを使用。
ゴレンジャーは空を飛んで北西へ。

2EP:ジャックは反撃で流星キックを叩き込む。
これでキングザウルス3世のバリヤーが破壊される

3PP:ジャックは再び傍の森へ。
3EP味方増援2・主人公コンビ、選択5人
今回は宇宙刑事とアニー、なんとなく荒井をセレクト。
敵増援2・怪獣達やケルバーン

ジャックは再び反撃で流星キック。
この一発で倒せなかったので、その後は発電所へ飛んでいき、ここに立て籠もって戦う
弱ったキングザウルス3世とエレキング、ついでにケルバーンも寄ってくるので、これらはジャックが倒す。

3642 シャイダーはさっさとソウルタブを使い、気力を上げて、タッコングとレッドキングへビッグマグナム
だが地形効果もあり、倒しきれない事も多い。
HPが少し残ったら、シャリバンのグランドバースで遠距離から撃つ
どちらも5マス離れれば反撃を受けない。
無改良なので命中率も低いが、ハイパーマニューバを2個つけて運動力を30上げていればなんとかなる。
与えるダメージはショボイので、あくまでも削り役程度の認識で
怪獣の足止めと囮は、ゴレンジャーと荒井が立派に務めてくれる。
追いかけてくる戦闘員は適当に相手をして蹴散らす。
ダイヤモンド仮面はギャバンとヴォルテックスで粉砕した方が早い。

怪獣を始末すればステージクリア。
移動後使用可能・射程3・中燃費の武器を手に入れ、ジャックの戦力が大幅にアップ
アイテムも装備できるようになったしな!……これは人並みに戻ったのだが。

(C)BANPRESTO2001

|

« 特撮大戦 第35話 暗闇への序曲 | トップページ | 特撮大戦 第37話 運命の王子 »

特撮大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/55829777

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮大戦 第36話 不死鳥は翔んだ:

« 特撮大戦 第35話 暗闇への序曲 | トップページ | 特撮大戦 第37話 運命の王子 »