« 特撮大戦 第24話 復讐の戦鬼 | トップページ | 特撮大戦 第26話 3 Years Ago »

2014年4月 4日 (金)

特撮大戦 第25話 ゼーバー新たなる力

今度はイナズマンのストーリーである。
イナズマンのパワーアップ新人類帝国との決着、そして新たなる敵の登場
イナズマンの最終回と新章・イナズマンFへの移行を再現したステージだけあって、様々な事の起こる面でもある。

ステージ自体は1つ+オマケ程度だが、難易度は結構高め
まぁあっさり滅ぼされては新人類帝国の立場が無いので仕方が無い。

4ステージ構成だったのにあっさり滅んだゲルショッカー決着の面もありはしたが、今はいいんだ。
重要な事じゃない。

事前準備

イナズマンにEN回復キットとハイパーマニューバ装備。
彼には奮闘してもらう必要がある。

宇宙刑事の武器(格闘と必殺技)を6段階目まで改良。
ギャバンにはEN回復キットとハイパーマニューバ、シャリバンとシャイダーにはEN回復キットとHP回復キットを装備

彼らはこの面で価値の高い戦力となってくれる。

ヴォルテックスにもEN回復キットとHP回復キット、ヴェルヴェットとV3にEN回復キットとブースターを装備

さらにアニーと防衛隊員にリロードマガジン装備

いざ始めると、帝王バンバが五郎に接触、仲間にならないか交渉してくる。
当然断る五郎。
なら戦闘だ……と思いきや、新人類の戦闘員達が裏切り、謎の怪人も乱入
五郎もバンバも囚われの身となってしまう。

なんと別勢力に蝕まれ、新人類帝国は内部崩壊しかけてましたという展開。
これは一応原作再現らしい。

五郎は脱出のため、自身の装備と体の一部を部品にして超能力増幅器・ゼーバーを作成。
戒めを破る事に成功する。

イナズマンて超能力で変身した生身の生き物らしいんだが……体の一部を部品にして道具を作れる物なのか。
意外と
これが彼の所業で一番の離れ業なのではないのか。

帝王バンバは自力では脱出できず、イナズマンに助けを求める。
仕方ないから助けてやるイナズマン。
バンバは自由になるや否や、最後の作戦としてマグマ層を刺激し日本を崩壊させようとする。

世の中には情けをかけるだけ無駄な奴がいるという、とてもためになるお話。

2510 2511 ACT1

悔いたイナズマンはイナズマンF(フラッシュ)と名を改め、反省として帝王バンバをブチ殺す事にした。

この面は10ターン以内にクリアしないとマグマ層が爆発してゲームオーバー
敵増援は夏場の蚊のごとく沸いてくるので、のんびりしてはいられない。

1PP:先ずは北東へ動く。
目標はマップ東にある工場。

1EP敵増援1でファントム兵士と帝王バンバ
以後、施設を制圧するまで戦闘員は敵増援3として無限に出てくる
こんなに人数が残っていたなら帝王バンバが捕まった時に助けにくれば良かったのではないのか。
実は見捨てようとしていたのではないのか
ならば今すぐ見捨ててくれても、こちらとしては一向に構わないのだが……。

2PP:敵味方に増援。
敵は戦闘員(無限増援3)
味方増援1は主人公コンビと選択5人、加えて防衛隊
防衛隊は工場の南に出現。
他は研究所の南に出現。
選択枠は宇宙刑事3人とアニー、風見志郎にする。

防衛隊はファントム兵士を攻撃。
最大射程で1勝っているので、それを利用して被ダメージを少なくする。

主人公コンビとアニーは北へ向かい、宇宙刑事達と志郎は北東へ進んでマップ中央を目指す。
イナズマンは東、工場へ向かう。

2EP敵増援2、ギガント
中盤から出てくるオリジナルモンスターで、戦闘員と怪人の中間ぐらいの強さを持つ
変身前に複数を相手にすると倒される事も普通にあるので、なるべく変身して戦いたい。

また、怪人が施設から勝手に出てき始める

3PPイナズマンは寄ってきたトゲバンバラを撃破
防衛隊は工場を制圧するため、通り道を塞ぐ戦闘員を撃つ。
宇宙刑事は変身可能な気力(105)が貯まるので、変身して母艦に乗り、マップの中央へ。
志郎はその後を追う。
エイジも変身し、北東へ。
ランも変身、ヴェルソーサーで戦闘員を倒しておく。
アニーはヴェルヴェットの北に隣接、敵から近い場所に陣取る

3EP:ひたすら反撃。
イナズマンはボス戦のためにENを100は残しておく

敵に近い所にいれば、アニーはブラスターの反撃で戦闘員を数匹仕留める事ができるはず。

4PP:防衛隊の銃撃により、工場入口までの道は開けるはず。
キタクラを工場に入れて制圧する

ヴェルヴェットはアニーを回復させ、アニーはとにかく届く戦闘員を撃つ。
宇宙刑事・V3・ヴォルテックスはギガントと交戦。

5PP:東進してきたイツツバンバラをシャリバンクラッシュで叩き斬る
シャイダーはその場で残敵と戦う。
ヴェルヴェットはアニーを回復させ、アニーはとにかく届く戦闘員を撃つ。
キタクラは戦車に乗り(移動力を上げるため)、研究所に向かって西へ。
ギャバンは母艦で、イナズマン・V3・ヴォルテックスは変身を解除してからバンバの元へ向かう。

6PP:シャリバン・シャイダーは周囲の敵を片付けて西へ。
キタクラ含む防衛隊は研究所に向かって西へ。
アニーはブラスターで戦い、ヴェルヴェットはアニーの西隣に動いて回復。
ギャバンは母艦でバンバに接近、五郎とエイジはバンバから5マス、志郎は6マス離れた所に移動。

7PP:研究所に向かった組は戦闘員を殲滅。
ただしすぐには施設開放せず、ギリギリのターンまで戦闘員を倒して資金を稼ぐ。

エイジ・志郎・ギャバンは待機。

2512

そして五郎はイナズマンFに変身し、新必殺技・ゼーバーイナズマンフラッシュで帝王バンバを攻撃!
消費は凄い(100)が威力も凄い。

だがSサイズ破格のHP(344)を持つバンバを倒す事はできない。
しかし焦ってバンバに近づいてはならない。
ここまで倒した敵のぶん気力が上がっており、バンバの攻撃はほぼ必殺の威力
敵の射程内に飛びこむのはとどめをさす時だけだ。

8PPイナズマンFのENが尽きているので、EN回復キットを使う

9PP:イナズマンFが再び帝王バンバをゼーバーイナズマンフラッシュで攻撃。
それでもまだ倒れないが、
ギャバンが円盤から飛び降りてギャバンダイナミックを叩き込む
さすがの帝王も倒れた。

なお、ギャバンにハイパーマニューバを装備させたのは、ここでの命中率を上げるためだ。
帝王バンバのレベルが高いので、その回避率もけっこうな高さなのである。

ギャバンが攻撃を外す事もあるので、その時はV3が反転キックで蹴り倒す。

だが帝王バンバは死なず。
正体である火炎ファイターの姿を現し、戦闘は続行
「帝王バンバを倒せばいいだけだろ」とタカをくくってグズグズしていると、この復活のせいで制限ターンを過ぎてゲームオーバーになったりする。

2513 9EP:火炎ファイターが攻撃してくるが、復活の時点で敵の気力は初期値(ゲーム的にはバンバとは別ユニット扱いのため)。

そのため敵の熾烈だった攻撃力も下がっており、バリア持ちのユニットが防御に徹するとダメージを受けなかったりする

10PPここで研究所を制圧し、残敵を一掃する

火炎ファイターは攻撃力が激減したので恐れる事はない。
V3キックやゼーバーイナズマンフラッシュの後にギャバンダイナミックを炸裂させれば、相手は為す術なく爆発するのみ。
さらば新人類帝国、さらば帝王バンバ。

ここでこのステージはクリア。

2520 ACT2

日本を危機から救った五郎達。
安心もつかの間、冒頭で姿を見せた謎の怪人がまた五郎の前に姿を現す。

ご丁寧に、五郎は一人になっている

まぁここは完全にオマケ、新たな敵・デスパー軍団の顔見世なので、2PPで終了してしまうのだが。
適当な戦闘員に殴りかかり、1匹でも倒して資金を稼いでおく。

2PPになるとイベント発生、デスパー軍団を追う男・荒井誠が五郎を救出する。
デスパー打倒のため、互いに協力しようと申し出る誠。

ここにイナズマンの新たな戦いが始まった

(C)BANPRESTO2001

|

« 特撮大戦 第24話 復讐の戦鬼 | トップページ | 特撮大戦 第26話 3 Years Ago »

特撮大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/55646096

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮大戦 第25話 ゼーバー新たなる力:

« 特撮大戦 第24話 復讐の戦鬼 | トップページ | 特撮大戦 第26話 3 Years Ago »