« 特撮大戦 第34話 ガイゼルの挑戦 | トップページ | 特撮大戦 第36話 不死鳥は翔んだ »

2014年4月17日 (木)

特撮大戦 第35話 暗闇への序曲

ダーク壊滅の面。
序曲なのに滅亡。
プロフェッサーギルの顔色の悪いツラもこれで見納めである。
気を引き締めて行こう……と言いたい所だが、難易度としては簡単な方だ

事前準備

キカイダー兄弟の性能・格闘・必殺技を8段階目まで改良。
HP回復キットも装備

仮面ライダー達の性能も8段階目まで改良。
EN回復キットを装備

これで120万ほど残っていた資金が46万にまで減るが、おそらくここが底なので問題ない。
ヴォルテックスとヴェルヴェットにもEN回復キットを装備させる

シナリオを始めると、ハカイダーがダークを離反。
悪魔回路を搭載している彼は、自分の我儘で主人を蔑にしてしまうのだ。

けどこれ、自己判断で命令に逆らうという点では良心回路と一緒なんだよな……。
キカイダー自身が「正義と悪との青と赤」のボディの持ち主である事から見ても、善悪が表裏一体である事がメッセージとして籠められているのだろうか。

残されたギル。
そこへナガーのアプファロンとアテファリナが適当な嘘を吹き込む。
なんかあっさり信じてしまうギル、自分が追いつめられているかのように思い込む。
まぁゲームの流れ的には本当に追いつめられているんだが

その頃、シャドゥナイトとワルダーがキカイダー兄弟に顔見世。
シャドゥナイトがやる気満々で出てくるが、雇おうとしていたワルダーが「まだ契約結んでないから」と言って立ち去ると、シャドゥナイトも腹を立てて帰ってしまう。
気分でその日の仕事をする/しないが決められるなんて羨ましいNE!

マリ登場、キカイダー兄弟にダークの本拠地の場所を教える。
そこへハカイダーが登場。

3510_2 3511_2 ACT1

1~2PP:キカイダー兄弟は地形効果を利用し、1回ずつ攻撃を受けるように位置どりながら南西に逃げる。
このしんどい思いも今回が最後だ

2EP敵増援1・ダーク
出るのは基地周辺、距離はあるからまだ気にするもんでもない。

3EPビジンダーの口車で、ハカイダー撤退

「キカイダー倒した後、どうすんの」
「わかんねー! クソッ、ギル殺す!」

すまんちょっと何がなんだか?
いや、原作の流れをちょっと変えてやろうとしているのはわからんでも無いんだが……?
ともかくいなくなってくれるのはありがたい。

以降、キカイダー兄弟は北西へ向かいつつ、敵と交戦。

5EP味方増援1・主人公コンビ、本郷(1号ライダー)、隼人(2号ライダー)、志郎(V3)、マリ(ビジンダー)
西へ向かい、敵と交戦。

3512_2 基地周辺に敵戦闘員の無限増援2
真っ直ぐ進めば9ターン目ぐらいから利用できる。

一度に出現する数が多いので、気力を上げた味方の格闘で倒し続ける。
アンドロイドマンは戦闘員にしてはタフで固い。
だがレベル50に達したライダー達なら、気力さえ高まれば森の地形効果があっても一撃で倒せる。

ビジンダーは無改良なのではっきり言って弱い
それでも気力150になればビジンダーレザー一発で戦闘員を倒せる。
ぜひ攻撃に参加させよう。

敵を全滅させると次の増援が出るので、MAP武器も活用。
ヴォルテックスもヴェルヴェットも、次のACTには出ないのでENは使いきっていい。

20PPに基地へ入ってクリア。

3520_2 3521_2 ACT2

ハカイダーが白骨ムササビに倒される。
その残骸から脳を拾い、ライダー達が光明寺博士の蘇生手術を開始
外では次の戦闘が開始される。

初期配置は白骨ムササビ+前ACTで生き残っていた戦闘員。
味方初期配置のキカイダー兄弟とビジンダーは前ACTの状態を引き継ぎ。

1EP味方増援1・光太郎(BLACK)、丈二(ライダーマン)
敵増援1・アンドロイドマン
てつをさんが弱らせて丈二がとどめを刺すように戦う。
戦闘員と戦いながら西へ。

2EP味方増援2・ゴレンジャー
敵増援2・アンドロイドマン
位置的に敵からの攻撃にさらされるが、空を飛んで防御でしのぐ。
急いでバリドリーンに乗り込んで東へ。
東の戦闘員の生き残りをゴレンジャーストームで倒す。

3EP敵増援3・アンドロイドマン
キカイダー達で南にわらわら沸く戦闘員を倒し、他の味方ユニットの気力を上げる。

そうこうしているうちに白骨ムササビが接近する。
あのハカイダーを倒したのだ、相当な実力者に違いない。

3522_2 3523_2 だがてつをさんで一撃粉砕

まぁ原作でも、ハカイダーは不意打ちで倒されたようにしか見えんかったしな……。

その後、ダーク基地が誰もいないタイミングで自爆。

「みんな道連れにしてやる」と言っといて、なんでこんなタイミングなんだプロフェッサーギル……。

その後、キカイダー兄弟とマリの前にワルダーが顔見世。
今度はキカイダー兄弟の抹殺を請け負った後なので、やる気は充分だ!

3524_2 だが妙に可愛い野良犬が出現。犬が苦手なワルダー、撤退。

犬に吠えられて逃げていく悪のライバルキャラってのも珍しいもんがあるな。

なお、光明寺博士は無事に復活した
脳味噌の移植なんて大手術をいい歳になって耐えられるとは、この博士も普通じゃないのかもしれん。

その後、選択肢。
「坂田アキの誕生会へ行く」「佐原ルミの誕生会に行く」という、一見すると謎の選択。
実はこの後のルート分岐に関わっているのだが、簡単なのは坂田アキ(帰マンのキャラ)、高難易度なのが佐原ルミ(大鉄人17)である。

今回は坂田アキを選択する。

なんせ強化武装が坂田アキの方のルートにしか無い。
今ならどっちにも別々の特典があるように調整されるだろうに……時代を感じさせてくれる。

資金はなんとか80万台まで盛り返した。

(C)BANPRESTO2001

|

« 特撮大戦 第34話 ガイゼルの挑戦 | トップページ | 特撮大戦 第36話 不死鳥は翔んだ »

特撮大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/55823013

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮大戦 第35話 暗闇への序曲:

« 特撮大戦 第34話 ガイゼルの挑戦 | トップページ | 特撮大戦 第36話 不死鳥は翔んだ »