« 特撮大戦 第28話 さらばバリブルーン | トップページ | 特撮大戦 第30話 ミイラの叫び »

2014年4月 8日 (火)

特撮大戦 第29話 ウルトラ警備隊7番目の男

ウルトラ警備隊に大きく遅れたが、ここでウルトラセブンが仲間になる
これでこのゲームに登場するウルトラ兄弟が勢ぞろいするわけだ。
ゾフィー? 
気にするな今回のルート選択だと仲間にならんし。

 

事前準備

 

V3の性能を7段階改良し、ハイパーマニューバを2個装備
ジャイアントロボの運動力を7段階改良、リロードマガジンとHP回復キットを装備
ポインターにブースターを2個
エイジとランにEN回復キット
Lサイズ戦にくわえてV3のシナリオもあるので、この2ユニットは強化しておく必要がある。

 

2910 2911 ACT1

 

フルハシとソガが謎の宇宙船を調査しようとすると、モロボシ・ダンという青年が姿を現した。
青年は言いたい事を言うと姿を消す。二人は構わず、湖の側にある円盤の調査に向かった。

 

1PP:二人をポインターに乗せる。ソガが運転し、フルハシが同乗

 

2PP敵増援1・デストロン怪人が湖畔の工場を襲い、民間人が巻き込まれようとしているが、ウルトラ警備隊は管轄が違うのか無反応仕方ないので味方増援1・風見四郎(V3)
四郎は南へ3マスの位置へ動き、敵と戦う。
ポインターは東へめいっぱい走る。
2
EP
味方増援2・ライダーマンまだ口では非協力的な事を言っている……一緒にダブルライダーキックを打ちまくった仲だというのに。

 

3PP:四郎は南へ1・東へ2に動き、ライダーマンはその南へ隣接する。
ポインターは西へ。フルハシは円盤にたどり着く事もできるが、
まだイベントが起きるターンになっていないので、ポインターから降りて円盤の傍に移動だけしておく。
3
EP:ライダーマンが狙撃されるイベント発生。だが四郎が身を挺して庇い、銃弾は四郎が受ける。特殊な弾丸・バダル弾だった事もあり、
行動不能状態に
このイベント以降、このACTが終了するまで、四郎は完全に無防備防御も回避も選択できずにずっと敵の集中攻撃を受け続ける。回避率を上げるパーツを装備せず、地形効果の無い平地でこのイベントが発生したら、まず倒されてゲームオーバーになるああ、特撮大戦はそういうゲームさね。ここまで来ればプレイヤーはみんなわかってるよ。
逆に前準備さえしておけば敵の攻撃を引き受ける良い囮になるので、このイベントは逆手に取りたい。

 

4PP:フルハシが円盤に到達すると、イベントが起こってフルハシが撤退する。味方増援3・ウルトラホーク1号
ポインターは南西にある工場へ向かう。
ライダーマンは東へ1マス動き、今後はそこで戦闘員を殴り続ける。
ロープアームを使うだけのENは残しておく
4EP敵増援2・ケルバーンLサイズ敵がうじゃうじゃ出てきた。今こそセブン出撃……と思いきや、まだまだ出ない

 

5PP味方増援4・ミクラスエレキングを殴って弱らせておく。敵に先に攻撃させる→反撃する、という手順で勝たせる事もできるのだが、経験値は次に来るLサイズ増援へあげた方がいい。
工場はこのターンでソガが制圧する
ウルトラホークは円盤に追いかけられるので、湖の上をひたすら逃げ回る。まぁ最悪撃墜されても構わないのだが。
ライダーマンはその場でひたすら戦闘員を殴る。

 

68PP:ウルトラホークはひたすら逃げ回る。移動先の関係で、最終的には南西方面へケルバーンを引きつける事になる。
ライダーマンはひたすら戦闘員を殴る。

 

9PP味方大型増援5・選択1体ジャイアントロボを選んで出撃させ、ケルバーンの群れに突っ込ませる。

 

10PP以降:ジャイアントロボはケルバーンを反撃で叩き落としながら、エレキングが陸上に上がったらレーザー光線で即撃破する。
大作はジャイアントロボを操縦できる範囲で、デストロンの戦闘員に銃撃を加える。
ソガは
ケルバーンに蜂の巣にされている事が多いが、生きていたらやはり戦闘員を撃っておく。
ミサイルヤモリは弾数8のミサイルしか武器が無いので、
それを撃ち尽くすと本当に何もできなくなるバカ怪人。よって途中から四郎は安全になるし、ライダーマンの格闘でも倒せるようになる。
まぁそうなる前に、戦闘員を全て倒して気力を上げ、ロープアームで攻撃を加えれば倒せるのだが。
このヤモリは
誘爆能力があるので、倒されると四方4マスにダメージを与えてくる。とどめは離れた位置からさそう。

 

Sサイズ・Lサイズ、両方の敵を全滅させればクリア。次のステージへ。

 

2920 2921 ACT2

 

バダル弾の効果で、出力の制御ができなくなりつつある四郎。このままでは全てのエネルギーを失って死んでしまう。それでもデストロンに捕らえられた人の方を心配する四郎を前に、丈二は四郎を助ける事を誓う。そのためにはデストロンの基地にある施設で四郎を修理せねばならない。
話が
セブンよりV3に傾いており登場前から光の国の観測員がピンチ。V3の主役ジャックはこのゲームでも健在でなにより。

 

1PP:戦闘機3機は西へ。
1
EP
敵増援1・ケルバーン

 

2PP:V3の手当てが完了する。味方増援1・V3、ライダーマン、エイジ、ラン敵増援2・デストロン
V3とライダーマンは前ステージの状態を引き継ぐ。南下しながら戦闘員と戦うが、HPが減っているので回復させながらにする。
ダンの乗るウルトラホーク2号は西へ突っ込む。1号は南に1・東に3へ。3号は1号の南に隣接。
ここでクイックセーブは必須
2EP:ダンのウルトラホーク2号がイベントで強制撃墜され、ダンは徒歩になる。ここでケルバーンから砲撃を2回ほど受けるので、回避しておく。超運が悪いと食らって死亡・ゲームオーバー。ソフトリセットでやり直す。

 

3PP:ダンが生きていれば、円盤にたどり着ける。ピット星人からウルトラアイを取り戻し、ようやくウルトラセブンが登場!……移動後なので行動済み、よって操作できるのは次のターンからだが。
なんか
セブンだけやたら初登場に制限受けるな……。
ウルトラホーク1号と3号は東へ逃げる。
Sサイズ勢は戦いながら南下。V3とライダーマンは隣接させておく。

 

2922 4PP以降:セブンは周囲を囲むケルバーンを反撃で落とし、エレキングが近づいてきたらアイスラッガーで撃破。ENはギリギリぐらいで足りるはず。
ミサイルヤモリが近づいてきたらダブルライダーキックで即撃破。後は残る戦闘員を掃討すれば、戦闘は終了である。

 

四郎と丈二が男同士で決意を固めあい、ライダーマンが仲間になる。心強い味方がここにまた一人。
なんかもうすっかり彼ら主体のシナリオになっているんだが
その傍ら、すっかり存在を忘れていたピット星人が、セブンにシナリオ終了デモのみで片付けられて人知れず全滅する。まぁ一応幕引きはやっておかんといかんからな……。

(C)BANPRESTO2001

|

« 特撮大戦 第28話 さらばバリブルーン | トップページ | 特撮大戦 第30話 ミイラの叫び »

特撮大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/55698789

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮大戦 第29話 ウルトラ警備隊7番目の男:

« 特撮大戦 第28話 さらばバリブルーン | トップページ | 特撮大戦 第30話 ミイラの叫び »