« 特撮大戦 第43話 デスパーシティ崩壊 | トップページ | 特撮大戦 第45話 栄光のライダー4号 »

2014年4月27日 (日)

特撮大戦 第44話 再会

なんかセーラームーンに新作アニメが作られるようですね。
15年も20年も経って新作とは驚きですが、考えてみれば
マジンガーZやダンクーガに新作が作られる時代なんだから不思議でもなんでもないのか。

だったらガイバーの新作なんてどうだろう。「デュアル連載」とか銘打って若い人に別ストリーで描いてもらうんだよ。もちろん別ストーリーが本編を追い抜いて完結までするのな。
もう凄い小宇宙

特撮大戦の44話「再会」は、ギャバンがお父さんを助け出す話です。

事前準備

宇宙刑事の格闘と必殺技を10段階改造。
 
ギャバンにソウルタブとHP回復キット装備。
 
シャリバンとシャイダーにHP回復キットとEN回復キット装備。
 
ヴォルテックスにEN回復キットとハイパーマニューバ装備。
 
ヴェルヴェットにHP回復キットとソウルアフェクター装備。
 
アニーにリロードマガジンとハイディフェンサー装備
宇宙刑事と主人公コンビだけで戦う面なので、彼らに強化パーツを集中させる。

開始後、まずドンホラーの息子・サンドルバが登場。この面は彼の初陣にして最終戦である。
サンドルバによって
ハンターキラーが追放されるどうやら宇宙へ放り出されたらしく、宇宙刑事アランによって捕獲されたらしい。結局、このゲームではハンターキラーが敵ユニットとして出てくる事は無かったアランも名前のみ登場で、顔グラさえ無かった。
ハンターキラーからの情報でギャバンの父が囚われている場所がわかり、
ギャバン一人(原作のキャラで単独行動するのはこのゲームの仕様)で鬼首島へ乗り込む
サンドルバがおのれ嗅ぎ付けおったかとか言ってる。むろん彼の処理が適当だったからなのだが……。

4410_2 4411 ACT1

まずはギャバンが一人で戦う。敵は戦闘員と怪人1匹、今さら遅れをとる布陣ではない。

1PP:北へ1・東へ1に移動。地形効果を利用して戦う。EPには反撃を連発。

2PP西の戦闘員は倒さず残す(バッファローダブラーを近づけないため)。

3PP:気力が貯まっているので蒸着。戦闘員の殲滅に励む。バッファローダブラーからの攻撃は防御。

4PP:バッファローダブラーにギャバンダイナミックを叩き込んで終了。

4420 4421 ACT2

こうしてギャバンは父を救出した。
サンドルバ、パパにしかられていきなり失脚家出してやる!と息巻いたらワシの名で持ち上げられてたお前に何ができんのと親父に突っ込まれ、直後にギャバン抹殺の計画を今考えたからやらせてくれよ親父!と頼み込むサンドルバ……なにこれ泣けるこの人、原作でもこんなんだったのだろうか。このシーンだけでサンドルバはこのゲームで好ましい悪役の五指に入った
パパにお許しを貰い、サンドルバが最期の戦いに挑む!
相手は島に乗り込んできた宇宙刑事と主人公コンビ。

1PPランがソウルアフェクターで全員の気力を上げる
宇宙刑事とエイジはすぐに変身。このステージは近くに怪人がいるので、速攻で戦わないと被害は大きくなる。
シャリバンがカマダブラーにシャリバンクラッシュを叩き込んで撃破。

宇宙刑事とヴォルテックスは東へ進み、西側の敵はアニーとラン(ヴェルヴェット)が受け持つ。この面のためにアニーのレベルをちょくちょくあげていたようなもんだ。
アニーを育ててなくても、西の敵はシャイダー一人で壊滅させられるので、問題は無いのだが……。

2EP:メッセージデモで、ギャバンの父・ボイサー死亡父といられたのは束の間であった。怒りを胸に、ギャバンもマクーとの決戦に向かう。

3EP:島に乗り込んできたギャバンのドルギランを、サンドルバが魔空城で襲う。サンドルバ渾身の攻撃、もちろん不発に終わる戦いは島に降りて本人達同士で続行。
味方増援1・ギャバン同時に敵にも増援1・サンドルバどちらも北東に出現するので、ギャバンはいきなり攻撃を受ける。ここまでの展開でサンドルバはダブルマンぐらいの強さではないのかと思えるが、それは罠だ。ユニットとしての実力は幹部怪人として恥じない物であるここは防御で身を守る。

3PP:ギャバンは南下してHP回復キットを使用。
北東へ向かった者達は合流を目指す。

4422

東西の敵を壊滅させれば、ギャバンの気力も充分に上がる。

サンドルバとの決戦はその後。

シャリバン・シャイダー・ヴォルテックスも協力して戦えば負ける事は無い。

サンドルバ、無念にして当然の最期だ

ステージクリア後、皆でマクーの本拠地へ突撃。

ついにドン・ホラーと決戦の時が来た!

4423 メッセージのみでドン・ホラー死亡、退場。

マクーもゴルゴム同様、首領がメッセージデモのみで倒される組織であった……。
本編では結構激しいアクションがあったらしいのだが、このゲームには無い。無いんだから仕方が無い。

こうしてマクーも滅びた。
だが勝利の余韻に浸っている時ではない。戦いはますます激化していく。戦士達が安息を得られる日は未だ遠いのだ。

(C)BANPRESTO2001

|

« 特撮大戦 第43話 デスパーシティ崩壊 | トップページ | 特撮大戦 第45話 栄光のライダー4号 »

特撮大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/55905532

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮大戦 第44話 再会:

« 特撮大戦 第43話 デスパーシティ崩壊 | トップページ | 特撮大戦 第45話 栄光のライダー4号 »