« 特撮大戦 第9話 地獄からの使者 | トップページ | 6~10話加入ユニット »

2014年3月15日 (土)

特撮大戦 第10話 機械じかけの苦悩

ハカイダーが登場するシナリオだが、初期敵はマクージャイアントロボのイベントもあるのだが、ロボ自体の出番は無い。

事前準備

キカイダーの運動力と耐久性、ENを3段階目まで改良。HP回復キットも装備させる。また主力ヒーロー達にはENキット。
さらに防衛隊の面々にリロードマガジンを装備。
この面にも戦闘員の無限増援があるので、弾薬が補給できれば資金を稼げる。

開始直後のデモで、味方基地の合言葉を教わる。ダイヤの15なので覚えておく

1010 1011_2

ACT1

ステージが始まるとマクーの部隊がぞろぞろ。こちらは味方基地を解放に向かうが、当然、ただ真っ直ぐ進めばクリアとはならない。

1PP味方部隊はまず北上。大作は空を飛べば移動力も上がるし建物も飛び越えられる。武器が無くなるので空中から攻撃はできないが、位置取りする時は飛行させた方が便利だ。

1EP反撃しまくる。

2PP 味方増援1・防衛軍が研究所の南側へ味方増援で登場。ただしその場でしばらく様子見。すぐに研究所の側へ近寄ると、後のターンで沸きだすマクー空間に捕まってしまうのだ本当に罠の多いゲームだ。戦闘員が近寄ってきた時だけ、弾の多く残っている者が機銃でハチの巣にする。
烈の行動は後回し隼人やエイジで敵を倒せば烈の気力が105を超えて蒸着が可能になる。すぐに変身し、ドルギラン形態になり、空を飛んでシャコモンスターへ向かう。

3PP味方増援2・ジローが登場。だが後のターンにてすぐに危機に陥る(ジローを困らせるのが好きなゲームだ)。とりあえず南西に逃げられるようにしておく。

4PP 敵増援1・ついに登場、ハカイダー。イベントの都合もあり、倒せない。半端なく高い戦闘力マップのBGMを強制的に自分のテーマソングにする能力でこちらを攻めたてるので無視しておく事もできない。キカイダーはとにかく離れよう。他は敵の戦闘員やダブルマン(マクー所属のやや強めな戦闘員)を追い立てる。ギャバンはシャコモンスターの側に到着。

5PPギャバンは気力が貯まるまで待ってからギャバンダイナミックで一刀両断してもいいし、無改造レーザーブレード2発で倒してもいい。今回はクリティカルが出る可能性もあると考え、2発の方にしてみた。無論、出なかった。

5EP研究所一帯にマクー空間が発生。もちろん範囲内にはギャバンしか入れていない。既にマクー空間が展開されているにも関わらず、気力の貯まったシャコモンスターはマクー空間をさらに発生させる。もちろん無意味。これで1行動を費やし、攻撃権を1回無駄にするシャコモンスターに、何か他人とは思えない物を少し感じた。

6PPハカイダーが一旦お帰りになる。その隙に戦闘員を蹴散らすが、2号ライダーは西の十字路方面へ動いておく。ここらへんでシャコモンスターもあえなく爆発する。

7PP 敵増援2・ダークの戦闘員とハカイダー、グリーンカイメン。ここでハカイダーの秘密(頭部に光明寺博士の脳が入れられている)が判明。倒せるが倒してはいけない(敗北条件になる)というロクでも無い状況にされる。しかもこれを知ったジローの気力が大幅に低下し、極端に戦力ダウンする。はっきり言えば足手まといになる。プレイヤーの気力も大幅に低下する。
だが他のキャラの気力は全く衰えていないので、2号ライダーのライダーパンチで登場したばかりのグリーンカイメンに先制攻撃、即座に葬る。
ハカイダーはキカイダーを狙って動くので、キカイダーは遠くに離れる。この時、南にあるU字型の曲がり道(発電所のある所)を利用すると逃げ易い。キカイダーへの最短通路を塞がれると、遠回りしてでも近づこうとするので、ここに逃げ込んでサイドマシーンを呼び出し、ハカイダーとキカイダーの間を塞ぐと、大幅に迂回してくれるからだ。ハカイダーは3ターンほどでイベント撤退してしまう(脳の血液交換が定期的に必要なのだ)。その間に他の敵を倒す事になるが、戦闘員を一人は生き残らせておく。

ハカイダーが撤退した時に他の敵がいないと、ステージクリアになってしまい無限増援で稼ぐ事ができないからだ。
ハカイダーが帰る頃には、マクー空間も消えている。こうなったら戦闘員を全滅させていい。 その度に研究所の前に
敵増援3が現れる……ただし一人だけだ。この一人を倒す度に一人ずつ追加されるのだが、その度に大作が「研究所に入らなくちゃいけないよ」と教えてくれる。しかも研究所の前は狭い道になっており、戦闘員を直接殴れるのは二人だけである。相当に面倒。
隼人と、ハカイダーが帰って気力の回復したジロー。この二人を戦闘員出現地点の東西に配置。2号ライダーの有射程武器は燃費が悪いし、キカイダーはそもそも最大射程が1だ(なんでだ? ライダーパンチが射程3ならキカイダーの手足も2マス目ぐらいまで伸びてもよさそうな物だが……)。だからこの二人は敵に隣接する位置に行く。
ヴォルテックスは
射程2マスの間接攻撃が低消費15)なので、これを撃つ。イナズマンには消費20で射程3の念力キック、ギャバンには射程2で消費13のスパイラルキックがあるのでこれを使うが、途中でENが尽きたらライジンゴーやサイバリアンを呼び出してそれに乗ってもいい。これらには弾数制の間接攻撃武器があるので、それで戦闘員を撃つのだ。弾切れが心配になるかもしれないが、これ以降、使う場面はほぼ無いので気にしなくていい。
防衛隊の方々は研究所の東西に分散し、3~4マス目の距離から機銃を撃つ。弾が切れたら惜しみなくリロードマガジンで補給。戦闘員1人倒せばお釣りが来る金額で弾丸が満タンになるのだからやって撃ち続けるべき。

ただ一人、ランだけは本当に何もする事が無い。よって何もしなくて良い。それでも毎ターン、反撃で倒すのも含めて10回ぐらい戦闘員を倒せるはずだ。

19PP隼人とジローをどかす。他のユニットは間合いを詰めずにそれまで通りに戦闘員退治。

19EP敵が東西のどちらかに攻めてくるが、防御して生き残らせる。

20PP空いている方から防衛隊員が研究所を制圧。合言葉を聞かれるがメモした通りに「ダイヤの15」と答えてクリア

(C)BANPRESTO2001

|

« 特撮大戦 第9話 地獄からの使者 | トップページ | 6~10話加入ユニット »

特撮大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/55383754

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮大戦 第10話 機械じかけの苦悩:

« 特撮大戦 第9話 地獄からの使者 | トップページ | 6~10話加入ユニット »