« 特撮大戦 第14話 ダブルライダー改造大作戦 | トップページ | 特撮大戦 11~15話加入ユニット »

2014年3月21日 (金)

特撮大戦 第15話 ゲルダム団

ショッカーがゲルショッカーに再編成される面。当然、現ショッカーとはここで決着となる。うっかりライダーを強化しちまった次の面で組織を潰されるとは、ショッカーにとっては災難としか言いようが無い。
まぁ怪人も幹部も、今後再生されてまた戦う事になるので、
組織名が変わっても顔ぶれはあまり変化しないのだが。

事前準備

ダブルライダーの能力が問われるので、性能の5段階目改良に踏み切る。HP回復キットとEN回復キットも装備する。
ハイパーマニューバの生産も始めておく。
これらの後でも資金は50万以上残る

1510

ACT1

川に毒を流そうとするガラガランダ。その情報を事前にタレコミされていた本郷と隼人が現場を強襲する。

とはいえここは2EPに終了してしまう。
戦闘員を倒して気力をあげた途端に終わってしまうので、ガラガランダを倒す事はほぼ無理。

戦車育成でダブルライダーのレベルを無茶上げしておき、気力も上げず変身もせずに最初からガラガランダ狙いで戦わないと撃破できない。

よってここではガラガランダを無視し、戦闘員とだけ戦う。
ガラガランダは初期位置から動かないので、隣接しなければ問題ない。

1520 1521

ACT2

地獄大使が裏切り者の疑惑をかけられ、処刑される事になる。
それを見届けにきたダブルライダーが彼を協力させるべく助け出そうとする面。

1PP2EP本郷と隼人をサイクロンの東側に隣接させて並べる。
その後は敵からの攻撃をひたすら回避。

3PP秘密基地に敵増援1・ガニコウモル。本郷と隼人の気力は115になっているので、二人とも変身。
ガニコウモルにダブルライダーキックを叩き込み、何もさせず葬り去る。
その後、他の敵からの攻撃は再び回避し続ける。

EP敵増援2・バイク戦闘員。次に来る味方増援の気力を上げるため、防戦して済ませる。

4PP味方増援1・主人公コンビ、選択5枠。
選択枠は5人だが、ここで出したユニットは残りのACTでは出せない。施設制圧要員(防衛隊など)を4人出し、あと一人は五郎を選ぶ。
五郎は工場に居座るサソリ男から4マス離れた位置へ。
エイジは北へ向かい、各施設へ制圧要員を向かわせる(怪人の射程には入らないように)。

4EPライダー達は敵戦闘員へひたすら反撃。味方増援の気力もみるみる貯まる。

5PP味方増援の気力も120ぐらいにはなっている。必殺技でサソリ男やゲバコンドルを倒し、施設を制圧していく。
ここにも無限増援として
敵増援3があるが、今回はクリアボーナスが減額されないうちに進める事にしているので、ほとんど利用はできない。
各施設を制圧、戦闘員を全滅させてクリア

1530

ACT3

イカデビルが顔見世。

ここもすぐに(2PPで)終了するし、ザコが少なくて気力が上がらない。
とりあえず倒せる戦闘員だけ倒し、ちょびっとだけ資金を稼いでから終了。
しょっぱい話だが、雪辱は次のACTで早くもできるので今は雌伏の時……

この面をクリアすると、新1号ライダーに新技「ライダー月面キック」が追加される。
例えイベントで強制敗北させられても、我らがライダーは挫けたりしないのだ。
まぁ
ダブルライダーキックの方をよく使うので、あまり出番のない技ではあるのだが……

1540 1541

ACT4

ショッカーとの総力戦。眼前には幹部の地獄大使、周囲には戦闘員や怪人がいて囲まれている。
ダブルライダーの力を信じて突破するのだ。

1PP2号ライダーを南へ1・西へ1に移動。1号をその東隣へ。

1EP戦闘員にひたすら反撃。気力を上げる。

2PP気力が上がり、ダブルライダーキックの体勢が整う。ショッカー壊滅の狼煙として、のこのこ近づいてきたクモ男とコウモリ男をまず血祭りに上げる。

2EP敵からの攻撃はひたすら回避。

3PP地獄大使へダブルライダーキック。撃破すると正体を現し、ガラガランダ登場。さらに敵増援1・イカデビル、ギガント。
だが味方増援1も登場。エイジとラン、加えて5人。烈を選び、他はHP回復能力を持つユニットを適当に選ぶ。
味方増援は敵目指して進軍開始。北はエイジと烈、西のギガント軍団はランで。

3EP正念場。ダブルライダーは、敵怪人からの攻撃には回避・防御で耐える。

4PP1号と2号、気力の高い方を選び、ガラガランダとイカデビルに向けてダブルライダーキック。幹部怪人をまとめて葬り去る。ダブルライダーのレベルが無茶上がりする。

あとは残敵掃討。西側のギガントはランをヴェルベットに変身させ、ENを惜しまず戦えば殲滅できる。
北側の怪人達は、ヴォルテックスとギャバンで倒す。
これでショッカーは壊滅。だがこれで諦めてくれるほど、この組織の首領は物わかりが良くはないのだ

1550

ACT5

新組織からの刺客、ガニコウモルが登場。
1匹で出てくるが、つまり
気力上げ用の戦闘員もいないという事。
こちらのユニットは気力のリセットされた本郷と隼人のみ。

正面から戦ってもやられるだけなので、二人して南下。ガニコウモルの最大射程(3)の外に出て、水中にとびこむ。
そこで待っていれば、次EPにガニコウモルは本郷を追いかけてくる。すっかり馴染となった、水中から陸上の敵を叩く体勢になる。
こちらが水中にいれば、倒される事はほぼない。レベルが一気に上がったので、本郷の格闘4発でガニコウモルを倒せる。

実は本郷と隼人のどちらで相手を倒したかで、次の面が分岐する。
本郷で倒した方が簡単な面に行けるので、隼人は加勢させず水の中を泳がせておく。
本郷がガニコウモルを倒すと、
イベントで相打ちにされ、1号ライダーが強制離脱。
じきに戻ってくるのであまり心配はいらない

(C)BANPRESTO2001

|

« 特撮大戦 第14話 ダブルライダー改造大作戦 | トップページ | 特撮大戦 11~15話加入ユニット »

特撮大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/55464899

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮大戦 第15話 ゲルダム団:

« 特撮大戦 第14話 ダブルライダー改造大作戦 | トップページ | 特撮大戦 11~15話加入ユニット »