« 特撮大戦 第18話 五つの星が集う時 | トップページ | 特撮大戦 第20話 思い出の母 »

2014年3月27日 (木)

特撮大戦 第19話 ブレイン暴走

この面で仲間になるのは大鉄人17
自分は未視聴の番組だが、OPがカッコイイ事は知っている
このゲームの巨大ロボの宿命、活躍の機会は少ないが、終盤に強制出撃・強制離脱のステージがあるので張り切って使っていこう。

事前準備

ジャイアントロボの性能(HP・EN・運動力・耐久性)を5段階目まで、メガトンパンチを7段階目、ロケット弾を4段階目、レーザー光線を6段階目まで改良
HP回復キットとEN回復キットも装備。

いきなり散財したが、大型機械は維持費がかかる物なのだと自分に言い聞かせる事にする。

またヴォルテックスにブースターとEN回復キット、ヴェルベットとシャイダーにハイパーマニューバとHP回復キット、ハヤタにブースターを装備させる。

シナリオ開始。

巨大ヒーロー系のチームは世間に認められている(公的機関が多いから)が、等身大ヒーロー達は日陰者である(正体不明で個人活動の者が多いから)事が、新聞記事を読んだ主人公の口から語られる。
その後、主人公はジャイアントロボとレッドバロンのどっちが好きか、セリフ選択
この2体はどちらがメインで戦うかルート分岐で別れるのだが、この時選ぶセリフがそのまんま決定になる。
バイオ系ヒロイン・ランはメカが苦手らしく、ジャイアントロボを「かつらお化け」、レッドバロンを「消防自動車」と表現するので、セリフスキップを多用しているとよくわからない選択肢になる。注意が必要だ。

今回はジャイアントロボを選択

こちらの方が難易度は低く、稼げる資金は多め。
経験値も稼ぎやすい。
反面、デメリットは特に無い。

損得で選ぶと実質一択になる分岐はスーパー特撮大戦の華だと割り切れ!

1910 1911 ACT1

どこかの博士が何か開発する度に悪の組織が押し入ってくる。
これはもうこの世界での恒例行事だ

というわけで研究所の向こうに怪ロボットがいる、よくある日常的な舞台から戦闘が始まる。

1PP:エイジは北、ランは西へ進む。

1EPゲルショッカー戦闘員も祭りに参加すべく駆けつける(敵増援1)
こいつらは射程3の間接攻撃を持ち、離れた所から攻撃してくる奴がでてくるので倒すのに手間がかかる面倒な雑魚。
気力が貯まり次第、即変身して離れた所への反撃手段を確保したいところ。

2PP:研究所の近くに味方増援1、隼人
傍にいるランの加勢にまわす。

2EP敵増援2のガニコウモルが現れる
じきにイベントで消えるので放っておこう。
倒そうにも気力が貯まる前に消えるのでどうしようもない。

3PP味方増援2で防衛隊、さらにワンセブンの主人公サブロウも登場
ハカイダーの方のサブロウはやり過ぎ気味にクソ強いが、こちらのサブロウは1,2を争う最弱ユニット(そもそもただの少年で戦闘用員ではないのだ)。
しかも移動力は最低の3。
防衛隊の輸送ヘリに乗せて、安全な位置へ運搬できるようにする必要がある
ヘリまでの道を戦闘員が塞いでいたが、これは戦車部隊で撃ち抜いてどかす。
サブロウを乗せたら、ヘリは研究所の北へ動いておく。

またローラーロボにうろうろされると邪魔なので、防衛隊の一人を隣接させておく
これでEPはその隊員を狙ってくれるし、踏みつぶされても別の隊員を隣接させなおせばいいだけだ。

4PP味方増援3・大鉄人ワンセブンが飛んでくる。
また選択で4人ほど出せるので、ハヤタ・大(シャイダー)・アニー・真理を選ぶ。

ワンセブンは西へ飛んでローラーロボの元へ。
サブロウを乗せたヘリはワンセブンをコントロール範囲内に収めておく

ハヤタは研究所の制圧へ、他の三人は周囲にいる敵との戦闘を始める。

4EP味方増援4……防衛隊の追加隊員
渋いおっさんが戦場の心得を語ってくれる。
彼・サワ隊長の2つしか無い見せ場の一つなので、広い心で見ておこう。
戦力的にはただの論外なので、敵ロボットに撃墜されないような場所へ飛ばしておくべき。

ついでに敵増援3・ゲルショッカー戦闘員

消耗を度外視して反撃すれば、ヴォルテックス・ヴェルヴェット・仮面ライダー2号の周囲の戦闘員はあらかた蹴散らせる
これで味方増援の気力も上がる。

5PPジャイアントロボが味方増援5で現れる
同時に敵増援4・ハリケーンロボやガニコウモルが来る
敵味方の位置次第でジャイアントロボがいきなり攻撃を受けるかもしれないが、ちゃんと改良してあれば致命傷にはならない

6PP:敵Sサイズユニットはほぼ壊滅する。
気力の上がったシャイダーがシャイダーブルーフラッシュでゲバコンドルを撃破、出遅れ気味なレベルを上げておく。
相手のレベルが高いので攻撃を外しやすい。
よって冒頭でハイパーマニューバを装備し、運動力を上げておいたのだ。
スパロボでは長いこと回避力のためにあると認識されていた数値だが、このゲームにおいてはむしろ命中率への影響の方が大事だ。

7PP:敵巨大ロボもここで仕留める。
ワンセブンの気力がイマイチ貯まらず、適当な攻撃でローラーロボのHPが残ってしまったので、シャイダーのビッグマグナムで粉砕しておいた
残敵も掃討してクリア。

せっかく仲間になったワンセブンだが、Lサイズのロボの出撃機会の少なさに相まって初期レベルが高めな事もあり、当分出番は無い
だがこれは足を引っ張られないという利点なのだと前向きに考える事が肝心だ。
問題ない、シャイダーのビッグマグナム唸りをあげてくれるぜ。

C)BANPRESTO2001

|

« 特撮大戦 第18話 五つの星が集う時 | トップページ | 特撮大戦 第20話 思い出の母 »

特撮大戦」カテゴリの記事

コメント

バイオだとジャイアントロボ、レッドバロンの選択技のとこにもう一個ふざけてランを選ぶ選択技ありましたよねw確か2回まで選べたはずw

投稿: ファビオ | 2015年8月31日 (月) 01時59分

そうなのですか。
ランを選ぼうと思った事が無かったので知りませんでした。
無敵のレッドバロンが候補にあるので仕方がありませんが。

投稿: 松友健 | 2015年8月31日 (月) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/55539318

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮大戦 第19話 ブレイン暴走:

« 特撮大戦 第18話 五つの星が集う時 | トップページ | 特撮大戦 第20話 思い出の母 »