« 2~5話加入ユニット | トップページ | 特撮大戦 第7話 チェイス!宇宙刑事ギャバン »

2014年3月 8日 (土)

特撮大戦 第6話 猛攻!ショッカー日本支部

事前準備

怪人が大量に出現する。
ダブルライダーキックを連発する事になるので、EN消費が激しい
EN回復キットをダブルライダーに装備するか、いっそ両者のENを255まで改造してカンストさせておいていい
ENは改造費も安めだし、この二人は最終面まで主力で使うので無駄になる事はない。
というよりこれが無駄になるようなプレイは縛りプレイの域になる。

なお、このステージは以前に記述した「戦車育成」に適したステージである。
味方増援で防衛軍隊員を選ぶことができ、出撃地点近くに工場があって容易に乗り換えができるからだ。
敵にも高レベルの相手が多く、経験値をドカドカくれる。
89式装甲戦闘車の運動力・耐久性・7.62mm機銃をできるだけ改造すれば、それに見合った見返りが期待できるだろう。

開始すると、ショッカーに新幹部の死神博士がやってくる。
そしてゾル大佐が最後の作戦を実行。
旧幹部の退場と新幹部の登場話である……これが描写されているショッカーはこのゲームで最大級の優遇を受けている。
なにせちょっと顔を出したらいつのまにか消えてる組織なんてのが、このゲームにはあるからな……。

B6_1 ACT1

本郷とエイジの会話で選択肢が出るが、どっちでも同じだ。
よって気にしなくていい。

その後のMAPはただの負けイベントなので、さっさと黄金オオカミに挑んで終わらせる。

変身前の本郷を撃ってライダーに勝ったと得意がる黄金オオカミ。

この時代にイクサ式責任分担システムはまだ無かった。

620 621 ACT2

こっちがこの面の本番にして山場、戦闘員よりも怪人の方が多いステージ。
しかも最後により強い幹部級怪人との戦闘まである。
だがこれは経験値がたくさん稼げるのだと前向きに考える。

1PP:エイジは真北の戦闘員を倒す。
ランはエイジの2マス南へ。
本郷は東に4・南へ1に、隼人も同じく東に4・南へ1に動かす。

1EP:反撃あるのみ。

2PP:エイジは北へ1・西へ1に動き、戦闘員を倒す。
本郷は南へ1・東へ2に動き、戦闘員を攻撃。
隼人は南へ1・東へ1に動き、南の戦闘員を攻撃。ランは北の戦闘員を攻撃。

2EP:反撃するのだ。

3PP:エイジとランで北西側の戦闘員を全滅させる。
本郷と隼人は変身、コウモリ男とクモ男がダブルライダーキックの範囲内にいるのでまとめて葬り去る。

4PP:サソリ男とハチ女もダブルライダーキックの範囲にいるので撃破。
エイジとランは南東へ引き返す。

5PP:戦闘員しか残っていないので、1号ライダーと2号ライダーの変身を解除してから残敵を掃討。
5
PP終了までに初期配置の敵を全滅させれば、クリアボーナスが増額される。

システム解説Sサイズのヒーロー達は、変身後、毎ターンENが2減る
ただし変身前なら毎ターン5回復する。
敵が周囲にいない、いても戦闘員だけという場合、変身を解除してENを節約すると時々助かる。

なお【太陽電池】という能力を持っていると、昼のマップなら変身後でもENは5回復する。
仮面ライダーBLACKRXとキカイダー01は、ほとんどのMAPにおいて気力が貯まったら即変身しておいていい。

敵全滅か5EPが終了すると、敵増援1味方増援1(選択5人)が出る。
敵の増援は怪人ばかりが8体。

気力を悠長に上げている余裕は無いので、戦力とするのはダブルライダーとヴォルテックスのみ。
五郎を出してもイナズマンになれず怪人に殴られてKOされるだけなので、防衛隊員達+回復能力を持つアンヌを選ぶ。

5PP続き:アンヌは東に4つ進み、他は工場へ向かう。
敵は弱いからかアンヌを狙って動いてくる。

6PP:キタクラで工場を制圧し、エイジはその2つ西へ。
アンヌは東に1・南に2へ。その東隣に防衛隊員を一人置く。
本郷・隼人はアンヌの南へ。
ランと残りの防衛隊員は工場の南側に並べる。

6EP:怪人クラスの攻撃は素直に防御でしのぐ。

7PP:エイジは変身し、アンヌの北へ1・東へ1に移動、コウモリ男をヴォルブレイド・ダークエッジで倒す。
隼人も変身、キタクラの北へ2・西へ1に移動し、ライダーパンチでもう一体のコウモリ男を倒す。
本郷は2号の南へ隣接。

また防衛隊員3人でハチ女の3方を囲む。
アンヌは自分のHPを回復。
ランもアンヌの東隣へ移動してアンヌのHPを回復する。

7EP:ヴォルテックスがハチ女に攻撃されるが、ここはヴォルブレイド・ダークエッジで反撃
撃破する。

防衛隊員3人が怪人に攻撃されるが、ひたすら防御。
一人ぐらいは倒されるかもしれないが、2人残れば良いので心配無用。

システム解説:敗北条件に指定されている場合は別として、ユニットが敵に倒されても、次のステージに行けば復帰している
治療費・蘇生費・修理費といったペナルティの類は無い。
必要とあらば適当なユニットを囮として敵に吹っ飛ばさせるのは、このゲームでは基本戦法の一つだ(大概は防衛隊員が適任)。

8PP:生き残った防衛隊は東の研究所・北の発電所へ向かう。
彼らの足止めのおかげで、ダブルライダーの東に敵怪人が3体まとまっている。
遠慮なくダブルライダーキックで一網打尽。
ここらでライダーのENが尽きていたら、キタクラはEN回復キットを装備してライダーの隣へ移動、EN回復キットをライダーに使って回復させる。

システム解説消耗型回復アイテムは、隣接した別のユニットに使う事ができる
移動後でも使えるし、使われたユニットの行動権を消費する事も無い。
レベルの遅れた弱いユニットは回復アイテム運搬係として使うのもテだ。

ヴォルテックスはヴォルブレイド・ダークエッジでコウモリ男を撃破。
アンヌとランでHPの減っている者を回復する。

9PP:防衛隊員が施設制圧。
2号ライダーをクモ男の2マス北へ移動させ、ライダーパンチで撃破。

敵が全滅すると、敵増援2が来る
たった一匹だが、幹部怪人の黄金オオカミである。
今までの怪人のHP5070だったのに対し、倍以上の148
ライダーキックでも一撃で仕留めきれないかもしれない。
しかし位置が半端に離れているので、準備はし易い。
1号ライダーを2号ライダーの隣へ。
ヴォルテックスもその側へ置いておく。

10PP:黄金オオカミが近寄ってきているが、こちらのMAP兵器の範囲に入っている。
気力が充分に貯まっていたので、ヴォルテックス・クライを叩き込んだ。
自軍最強の攻撃力を誇るこの技により、黄金オオカミが一撃で消滅。
もしヴォルテックスクライが使えるほど気力やENが無かったとしても、ダブルライダーキックで弱らせればヴォルブレイド・ダークエッジで撃破可能。

クリア後、エイジはレベル19、ランは7、本郷20、隼人18
敵怪人が多かったので急速にレベルアップできた。

また博士が増えたので、EN回復キットLが開発できるようになった。
無論、後に必要となる物なのですぐに開発へ取り掛かってもらう。

以降の戦いのため、ライダー1号と2号の性能4項目を全て3段階目まで改良。

(C)BANPRESTO2001

|

« 2~5話加入ユニット | トップページ | 特撮大戦 第7話 チェイス!宇宙刑事ギャバン »

特撮大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/55292505

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮大戦 第6話 猛攻!ショッカー日本支部:

« 2~5話加入ユニット | トップページ | 特撮大戦 第7話 チェイス!宇宙刑事ギャバン »