« システム解説:強化タイプ | トップページ | 1話加入ユニット »

2014年2月25日 (火)

特撮大戦 第1話 歪められた命

ゲームをスタートすると、まずはメタル系とバイオ系から主人公を選択。難易度はバイオ系の方が易しいので、今回はそちらを選ぶ。

主人公をセレクトすると、ムービーが流れて何やら怪しげな会話が始まる。今は特に気にしなくていい。

ゲームシステム解説:ムービーはスタートボタンで飛ばせるぞ。

先ほど選んだ主人公・叶エイジとその彼女・日向ランが、人探しで山野を彷徨っていると、ショッカーの戦闘員と出くわす。さあスーパー特撮大戦2001の幕開けだ

11

ACT1

主人公コンビと敵戦闘員が向かい合っている。

特に何も考える必要はなく、ただ殴りかかればいい。

まずはエイジで南西の戦闘員を、東側から攻撃。一撃で倒せる。

次にランで残った戦闘員を攻撃。

彼女は弱いので倒し切れず、反撃を受けてしまうが、どうせ致命傷にはほど遠いので気にする必要はない。

1EPで敵戦闘員の攻撃に反撃すれば終了。

膜間で顔見世するのは主人公コンビの家族知人達だが、彼らの本格的な活動はまだまだ先。

今はこんな連中がいるという事だけ知っておけばいい。

120 121

ACT2

本郷猛がショッカーから脱走。そこへ主人公コンビが出くわす。本郷猛は1号ライダーに、エイジはヴォルテックスにイベントで変身してくれる(なおムービーは変身の度に入るが、システムでOFFにできる)。
このステージの敵は、1号ライダーを狙って動く。

ゲームシステム解説:敵の行動は、概ね「その場で待機」「出演番組の主人公を追いかける」「レベルやHPなどを基準に、弱いユニットを追いかける」「その面で設定された相手を追いかける」の4パターンである。
ただし射程内にこちらのユニットがいる場合は、それへの攻撃を優先する場合が多い。

1PP(プレイヤーフェイズ):1号ライダーはすぐ南にいる戦闘員と戦う。戦闘員は「格闘」で十分戦えるはずだ。
ヴォルテックスとランは西へ進み、手近な戦闘員を攻撃。ランはACT1同様、敵を一撃で倒しきれないが、相変わらず敵の反撃は貧弱なので気にしなくていい。

1EP(エネミーフェイズ):敵の攻撃には全て反撃する。

2PP:1号ライダーは南にいた戦闘員を殲滅しているだろう。目の前のサイクロンに乗るといい。主人公コンビは西へ。

3PP:主人公コンビは敵基地目指して南西へ。1号ライダーは迫る敵を無視して南下。移動先で「乗り捨てる」を選択すると、サイクロンから降りる事ができる。降りる方向も選べるので、南へ。すると基地に入る事ができる。これでステージクリア時にもらえるクリアボーナスが増える

ゲームシステム解説:各ステージをクリアすると、資金と資材がクリアボーナスとして貰える。基本は10000ずつ。ただし定められた条件を満たすと貰える額が増える(最大20000まで)。しかし定められたターン数を超えてクリアすると減額される(最低0まで)。

4PP:1号ライダーは北上して戦闘員を攻撃。主人公コンビはさらに南西へ。

4EP:1号ライダーは反撃で戦闘員を全滅させる。クモ男が迫ってくるが、移動後に使える武器を持っていないため、このターンには攻撃は受けない。

5PP:主人公コンビを敵基地へ入れる(この面のクリアボーナス条件は「自軍ユニットを敵基地に入れる事」であり、3ユニットとも対象となっているため)。
その後は1号ライダーの必殺技でクモ男を倒す。さすがに怪人相手に「格闘」では威力不足なので必殺技の出番だ。気力は十分に貯まっているだろうからライダー電光キックを使えるが、ここはあえて「ライダーキック」をセレクトする事。
カットインで実写ムービーが入る。クモ男撃破、ステージクリア。

ゲームシステム解説:主役クラスのユニットには、実写ムービーが挿入される武器を持つ者がいる。これは使うしかない。

これで第1話は突破。長い闘いが今また始まる。

(C)BANPRESTO2001

|

« システム解説:強化タイプ | トップページ | 1話加入ユニット »

特撮大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/55137323

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮大戦 第1話 歪められた命:

« システム解説:強化タイプ | トップページ | 1話加入ユニット »