« 区切り | トップページ | 魔人竜生誕アプリ版発売開始 »

2014年1月 5日 (日)

2014年

新年あけましておめでとうございます。
もう5日になっちまってるけどな。

結局、蛇年内に魔人竜のアプリ化は実現しなかったので少々残念。
世の中上手くいかねぇもんだ。
あの作品ももう8年前の物になっちまったか……キン肉マンのアニメが終わってから王位争奪編がアニメ化されるまでの時間が経った事になる。
あと3年も経てば、仮面ライダーBLACK・RXが終わってからクウガが始まるまでの時間となってしまうわけだ。
なんとも……時間の流れという物にセンチメンタリズムを覚える今日この頃。

しかしそんな事をあまり深く考えず、今日もバカ一同集まってTRPGなどプレイ。
適当にかなり好き勝手で作ったキャラを持ち寄って単発シナリオを慣行。

「おいこのパーティ、敵のデータ調べる技能を持ってる奴いねーぞ」

不確定名の敵のマスクされたデータと、多分この程度だろう……とアタリをつけながら出た所勝負の前のめりバトル。
敵の能力がわからんのだから、最適な戦法などとりようがない。
だから常に可能な最強攻撃を繰り出し続けるしかない。
前のめりというか、それしかできねぇだけだ。
キャラ作成時の数値を勘違いしていた事がプレイ開始直後に判明し、回復担当の回復魔法威力がいきなり低下するというアクシデントも発生。
無駄にいらないスリルと戦うバカゲーであった。

まぁたまにはこういうネジの足りないゲームも面白れえよ。
たまにやるならな。

先日クリアしたアンリミテッドサガのラストバトルも微妙にバカっぽい前のめり戦闘になったのは何かの因縁か。

「ラスボス最終形態の攻撃強すぎ。特に範囲攻撃。回復おいつかねぇ。ちとパーティの強化が足りなかったか? さてどうすっか」

システムを利用し、パーティメンバーを2~3人ずつ(範囲攻撃の被害総計を抑えるため)小出しにしながら回復を完全に諦めて本人達の可能な最強攻撃を連発。
次々と倒れていくパーティメンバー。
最後の一人が倒される前に敵のLP(生命力)が尽きれば俺たちの勝ちだ!

ジャンプのバトルマンガかよ……。

まぁ犠牲者一人で勝ったけど。
今年もこのラストバトル同様、犠牲は小さく成果は大きくでありますように。

|

« 区切り | トップページ | 魔人竜生誕アプリ版発売開始 »

TRPG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/54503348

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年:

« 区切り | トップページ | 魔人竜生誕アプリ版発売開始 »