« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月21日 (金)

FF

FFといえばファイティングファンタジーシリーズの略称です。
まぁ常識ですな。

と言い張っても、普通はファイナルファンタジーだと思うよな。

これが俺達の最大にして最後のRPGだ!
→意外と売れたな……
→続編出せたよ
→略
→日本のRPGシリーズでトップクラスになりました

そんな経緯で有名なシリーズですが、自分は長らくご縁が薄い状態でした。
DQとSRWをやっていると、このシリーズに回す時間が無かったからです。
しかし最近になって、どっちも自分のもってないハードを主にするようになりました。

スパロボはな……ゲーム機タワーを構築するぐらいには追いかけた事あるんだがな……
セガサターンはおろか、一時期タワーの頂上パーツだったワンダースワンまで有ったのだから、
自分は頑張った方だろう……

ちょっと時間ができたので、FFで未プレイの物をやってみようと脈絡なく思いついたのが少し前。

まぁFFにも苦い思い出はあるんだがな……
FF3が予定通りに発売されていれば、ワンダースワンもスパロボ専用機にならずにすんだだろうに……

まぁそんな昔話はどうでもいい。
肝心なのは常に今だ。

ファイナルファンタジーといえば、問題となる固定観念が二つある。

一つは略称が「エフエフ」なのか「ファイファン」なのか、という事だ。
ドラゴンクエストが「ドラクエ」であって「ディーキュー」ではない、
ウィザードリィが「ウイズ」であって「ダブルアイゼータ」ではない以上、
ファイナルファンタジーの略称は「ファイファン」になるはずだ。

と思っていたら「エフエフ」だったらしい。なんという事だ。

あとソードワールドの略称は、仲間内では「ソダン」だった。
ソードオブソダンという名高いゲームがあったのが理由だ。
よってソダンワールドと言い出した奴がいて、それが略称へと変化した。
なお、この2作品は完全に無関係だ。

二つ目の固定観念は、FFはナイトと忍者がキングベヒんもスを取り合って熾烈な勝負を続けるゲームだという事だ。
だがそんな事は今現在の話だ。
FFをやろうと決めた次の日に現役稼動中のプレステorプレステ2で動く物を探す自分には何の関係も無い。
肝心なのは常に今だが、自分はそんな正論ごときに囚われている男ではないのだ。

前置きが無駄に長くなったが、以上がFF5をつい最近初プレイした経緯だ。

しかしこのゲーム、確かにとても面白いのだが……
攻略サイトがネット上にごろごろしている今だから問題なく遊べたものの、
SFC版発売日に買った小学生はクリアできたんかいな。
最適手をとればほとんどの敵を一方的に屠れるのはとても自分好みなんだが、
自力で全て見つけろと言われたら、正直お手上げだ……。

と、書いていて思ったが、
別に全てのボスに完全楽勝する必要は無いな。
通常戦闘でも死人の1人ぐらいは別に普通、ボス戦も誰か一人でも生き残って勝てればいいや、
攻略法必須の強モンスターからは逃げてしまえ! というスタイルなら
割と問題なくプレイできるような気もしてきた。

とりあえずFF5の感想

主人公が風属性(光・雷・炎が3強だと思っていたが、意外と風な主人公多いのか)
味方最強はシルドラ(ラスボスはこいつの稲妻ブレスだけで倒した)
メインヒロインは男装女のファリス?(シルドラと相思相愛だし?)
最終盤はキングベヒーモスと戯れるゲーム

いつか6にも手を出してみるか……

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

キャンペーン終了

身内で遊んでいるTRPGのキャンペーンに幕を下ろす事にした。
ほぼ1年プレイしたはずだが、話数を勘定してみると全6話しかやってねぇ。
月1回未満しか集まれなかった事になるな……貧乏暇無しとはよく言ったものよ。
次回はまた初期レベルからキャンペーンを始める事にする。

そんなわけで、今、頭の中で次の案を考えているわけだが。
こういう時にはいろいろとどうでもいい事――主にゲームの仕様ゆえの不自然な点に思いが行くもんだ。

いや、水中行動能力を持つ種族だけでパーティ組んで、海中遺跡のサルベージ路線で行こうか……などと没案当然のバカ話が仲間内で出たりしたもんで(無論、出したのは俺)。
選択可能種族が2ケタあるゲームで2種からしか選べませんはねーわな。

で、そんな案を出すと「そういえば水圧に関するルールが無いな。このゲームは息が続く限りどこまでも深く潜れる事になる」などと考える。
もちろん、制作サイドとしては、そんな使う機会の無さすぎるルールを整備するために社員を働かせるのは給料が勿体ないので作っていないだけの話だ。

たぶん同じ理由で作られていないルール

・一地域内における生物の生息可能数
 大概のゲームでは、モンスターは無尽蔵に湧いてくる。魔王の軍が四天王だか六団長だかに総勢数万~十数万率いられていても、魔界の穀倉地帯がどれほどの生産量を誇っているのか設定されてある作品は多分無い。
 まー魔物の本拠地になるような土地なら、米・麦・芋の類も絶大な繁殖力を誇る植物系モンスターなのかもしれんし。
 確か「Aという種の生物がBという生物を食べて暮らしている場合、Bの総重量はAの総重量以上必要になる」とかいう法則があったと思うが……巨人・恐竜・ドラゴンetcが暮らすファンタジー世界でそんな話はあてはまらんわな。
 ワードナさんのダンジョンも、魔界トウモロコシの超繁殖力に支えられているという事で解決。地下10階のファイヤードラゴンが餓死する事など無い。アミュレットの真の魔力は魔界農協と取引するための印鑑なのかもしれん。

・通貨のレート
 国ごとに通貨の単位が変わるゲーム、ほとんど無いだろう。異世界に行っても同じ通貨で買い物ができる例なら多々あるだろうが。
 これは「実際には行く先々で両替してもらっているが、その描写を省いている」という事でまぁOKだろう。
 そもそも中世ファンタジーをモデルにしている世界なら、通貨に使っている金属の価値とその重量でレートが決まってくるはずなので、厳密にプレイするならゴールドもギルもガメルも廃止。所持金欄は「金250g・銀300g・銅500g」と表記すべき。
 というか、その世界の言葉で「金目の貴金属」を訳せばゴールドとかギルとかになるのかもしれん。だから爆弾岩を叩き潰してもゴールドが手に入るのだ。あの時に入手するゴールドは金貨ではなく、爆弾岩の体内にあった鉄鉱石をかき集めたら50ゴールドぶんの価値があるよ、という事なのであろう。同じモンスターでも作品ごとに得られる金が違うのは、各主人公の貴金属集めの腕前差によるものだと考えられる。
 ドラクエ8ではモンスターから得られるゴールドが少なかったが、8の主人公は貴金属の相場に疎い青年だったのかもしれぬ。
 いや、そもそも貴金属である必要もないな。お金に換金できる物なら、全てゴールドと扱っても良いのだ。ワードナさんのダンジョンで地下10階のグレーターデーモンが宝箱から出すお金は、等価に換金できるだけの魔界ジャガイモだと考えてもなんら不自然ではない。やはり魔界穀物が魔王軍を支えていた。

・一日に必要なカロリー
 TRPGだと、絶食や睡眠不足のペナルティーがあったりするが、一日にどれだけの量の食事をせにゃならんかはあんまり厳密に決められていない。
 まぁここらを決めると、なし崩しに各地方で売っている食材やそのエネルギー量も決める必要が出てくるからな……。また食べる量を管理するなら、当然、排出の問題も出てくるだろう。さらには食事や睡眠が不十分な事による体調不良、そこから派生する病気とその回復に関するルールも生じるのではないか。
 調理や採集の技能を役立てる場面は増えるが、ゲームのジャンルはヒロイックファンタジーからサバイバルシミュレートゲームに変更だな……。
 ここらへんは、モンスターから奪った魔界米は栄養豊富で通じも良くなるのだと考えて解決するべき。ワードナさんのダンジョンで地下10階にいるフラックが米強盗に叩きのめされる日々がまた始まる……。

 他にも着替えや清掃、言語や暦や地方ごとの技術レベルに関して考えない事もないが、いい加減面倒くさくなったのでとにかく魔界穀物がなんとかしているという事で結論としておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

イメージと実態

最近「帰ってきたウルトラマン」を全話視聴しようとDVD屋に通っている。
どの話も一度は見た事があると思うんだが……実際に見てみると、ワンカットしか覚えていないとか、別の話とごっちゃになっているとか、記憶と全然違うとか、そういう事だらけだ。
現在はまだ全話の真ん中手前ぐらいだが、なんだか初めて見る番組を借りてる気分である。

以下、改めて見てわかった事

・一話で戦う怪獣はタッコングではない。

・2話で前後編の話がちょくちょく挟まれる。グドンとツインテールが同時登場する話など(まぁ怪獣2体作ったら、資金的に2話つかいたいわな)。

・ウルトラマン(帰)は光線技より肉弾戦の方が得意である。

・ウルトラマン(帰)は打撃戦より組み合いを好む。ファンタジー世界の冒険者(ソードワールド2.0とか)は「組み技はサイズ・形状が多様なモンスター相手には有効ではない(本当はシステム整備やグラフィックの都合だと思う)」として組み技を重視しない傾向があるが、ウルトラマンぐらいになるとそんな理屈など無関係のようだ。

・ウルトラマン(帰)は相手の首を掴んでの背負い投げが得意技である。

・スペシウム光線で仕留める事は意外と少なく、決め技は多様である。空中で怪獣を掴んでぐるぐる回して地面に落としたら、そのまま敵が動かなくなって終了……という回もあった。

・MATの光線銃は怪獣に結構効く。とどめまでは行かないが、ダメージは普通に与えられる。

・ベムスターには通じる技が無かったのでウルトラブレスレットを貰うわけだが……スペシスム光線は吸収されていた。一方、打撃技(飛び蹴り)はちょこまか動かれて避けられていた。ペンギンみたいな体型の怪獣なのに、意外と素早い奴だった。

・それまで攻撃がロクに効いてなかった怪獣にでも、ウルトラブレスレットを投げつけたらイッパツで倒せる。

・第二次世界大戦の思い出を語る人がちょくちょく出てくる。主人公(郷さん)の兄貴分は東京が空襲されていた時には既に生まれていた(「俺の母親は赤子だった俺を抱えて、空襲の中を逃げ~」というセリフがある)。

・あと5時間かかる戦闘機の整備、郷さんがスパナ握って手伝ったら1時間で終わってしまった。この時代のヒーローってマジで万能やな。

とりあえず印象に残っているのはこんなもんか。
しかし小道具や町中の映像に、モロに時代を感じるのう。
コード付き電話とか電報とか、この当時は最新だったんだよなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »