« ブラッドソードリプレイ3-16 7身分体 | トップページ | GW終了 »

2012年7月22日 (日)

ソードワールド新種族

久し振りにTRPGの話でもするかね。
今日、ソードワールド2.0の改訂版ルールブックを購入したんでな。

改訂版といっても、それほど大きく変わっているわけではない。
戦闘ルールの表記を新しくし、簡易戦闘ルールを追加、新種族を1つ追加。
それ以外はほぼそのままだ。

戦闘ルールの更新だが、劇的に変化したわけではない……用語は少々追加されているが、
今まで遊んでいた感覚が大きく変わる物ではないだろう。
というか、今日1シナリオ遊んだのだが、今まで通りの感覚でプレイできた。

簡易戦闘ルールは、CRPG的に前衛と後衛に分かれてぶつかりあう物だと考えていいだろう。
WIZでもやった事があれば、初プレイでも感覚で理解できるような物だ。

よって個人的に一番目を惹いたのが新種族である。
まぁ自分はキャラやユニットの性能を見て運用計画をあれこれ考えるのが好きなクチなので。スパロボを遊ぶ時も攻略本が出ていれば購入してからというタイプだ。

新種族は「シャドウ」。
褐色三つ目の亜人種で、暗視能力と魔法への抵抗力あり。
器用で機敏、筋力と体力は人間並み、知力(知覚)・精神力は低め。
目が増えて魔力の衰えたダークエルフみたいな奴だ。
適正は盗賊・隠密系なんだとか。

実はこのゲーム、探索・捜索系の判定はたいがい知力を基準に行う。
罠や隠し扉を探すために知力が求められる……非常に重要な能力値なのだ。
よって、そこが低めなシャドウは書かれているほど盗賊や密偵に向いているようにも見えない。

……のは一見の話。
もう少し視点を広げると……

盗賊系キャラを作る時の、対抗馬となる種族は何か。

・能力値は汎用型、ダイス目のコントロール能力が与えられる人間
・器用・敏捷・知力、全てに秀でて暗視もあるエルフ
・器用と敏捷が特に高いグラスランナー

まぁこの三つだ。
よって新たに盗賊向きの種族を作る場合、盗賊向けの能力にしながらもこの三つと差別化する方向で考える。

能力値にメリハリをつければ、人間とは差別化できる。
問題は後の二つだ。

このうち、エルフは盗賊に要する能力全てを高くできる
よってこの種族は、一見では盗賊に最適だ。
しかし一つ問題がある。エルフ族は筋力と生命力が低めに設定されているのだ。
このゲームはスキルシステムであり、1キャラクターは通常2つ以上の技能を習得する。
スカウト(このゲームの盗賊系技能)と兼任する場合、装備その他の都合で、グラップラー(格闘家)かフェンサー(軽戦士)を兼ねる場合が多い
当然、筋力も生命力も欲しくなってくる。
スカウト単体で見ると相性は最高なのだが、実際の運用となると一人勝ちとは言いきれないのだ。

その点、グラスランナーは生命力が人間並みである。
だが知力も人間並みに削られている。
生存性を高めた代わり、肝心な能力を一つ抑えてあるのだ。

さて、ここで盗賊系をねじ込むなら?

その答えがシャドウなのであろう。
器用さと敏捷性はエルフ並にし、知力をやや抑えて生命力も確保する。
そのうえで、エルフやグラスランナーに欠けていた筋力も人間並みに保持。
このゲームで一般的なタイプの盗賊に、総合的に最も合致しやすく仕上げたと見た。

だがあくまで総合的にであり、他種族の意義を失わせてはいない。

感知・発見ならエルフの方が高い。変則型を承知で魔法盗賊なんて物を作るなら、エルフの方が優秀である。
グラスランナーは魔法・物理両方の火力が無いが、逆に破壊力を重視しないならこっちの方が良いだろう。
ダイス目コントロールの特殊能力がある人間の優位性は、まだ十分に保たれている。

これでシャドウが知力まで高ければ最高の隠密だったのだが……
他の種族が盗賊やる意味が無くなるからな。
「この職業には○○。それ以外は趣味」なパターンが多くていろいろ言われがちなWIZ6と7の二の舞になっちまう。

しかしシャドウはいかにも忍者っぽいな……
種族紹介に「契約を重んじ、依頼主を裏切らず、暗殺者として高く評価される」て……
投擲武器がファイター技能かフェンサー技能でも使えるし、手裏剣シュッシュも合法的に可能だ。
次の種族は光と闇の力を併せ持つ謙虚なナイトを一つ期待したいところ(でも本当に欲しいのはバイオ系改造人間)。

|

« ブラッドソードリプレイ3-16 7身分体 | トップページ | GW終了 »

TRPG」カテゴリの記事

コメント

 D&Dかどうかは忘れましたが、古株ゲーマーさんから聞いた逸話だと、5人PTで死者8名。セッション後のPL達の会話は「今日は被害少なかったね。」ですって。何を言ってるか分からないと思うが、毎回1人3枚のキャラシートを用意してくる時点で、チャチなもんじゃ断じてねぇ・・・。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・。
 PT人数が5人、6人の時などは器用敏捷の高いメインスカウトと知力の高いサブスカウトを用意する方法が合理的なんですよねー。メインスカウトのフォローとメインスカウトが知力を伸ばさなくても良いっていう利点が特に。シャドウは前衛かつメインスカウトを担い、探索等は後衛のサブスカウトやらレンジャーやらライダーやらに手伝って貰うと予想。
 成長・・・お言葉を借りれば個人の習熟度に関してですが、ハード面ばかりでソフト面が追いついてないというか。GMをやっても、
・達成値が膨れ上がっても内容は据え置き。難易度は壊れていく一方。
・ドレイクカウンターの戦術は無名ドレイクと一緒。
・劇場版FF
・スパロボのボス作らせたらHPだけのデクノボー。
よく分からないのも混ざってますが、とにかく高レベル帯でPLしてもGMしても、低レベル帯の延長線上から抜け出せないのですよ。個々の性能より戦術性に重きを置けたら違うかもと思うのですが・・・
 挙げて頂いたガープスの細かいオプションルール等を採用すれば戦闘中に多数の行動を選択することが出来るんでしょう。でもおっしゃる通り面倒くさがられますよねー。もしくはザコ戦にかかる時間が延びてテンポを悪くするだけのような。そもそも無印SWにあった頭狙いルール等を2.0にするに至って削ったのは、初心者に取っ付きにくいルールだという理由だったはず。やみくもに増設してゲーム性を損なうのでは無意味ですよね・・・。
 テンポ良く戦える程シンプルで、だけど個人の習熟度が反映できる程度に奥が深いシステム・・・。書いてて思ったんですが、簡単に見つからなそう・・・。お手間をかけてしまい申し訳ありませんですmm

投稿: ベルゲルミル | 2012年7月23日 (月) 10時37分

>5人PTで死者8名。

そういうノリだと理解して遊ぶなら、非常に面白そうに思いますね。
T&Tのソロアドベンチャーもそんな遊び方でした。

>低レベル帯の延長線上から抜け出せないのですよ。

なるほど。
しかし自分もたいして変わりませんな。
そしてそれでいいのかもしれない、とも思います。

ドラクエをプレイする人の中には、敵の耐性や出現エリア・アイテム入手場所を把握して超効率プレイをする人もいます。
さらに突き詰めて、半端なく低レベルでのクリアを実現する人もいます。
しかし魔法はホイミ・ベホイミ・ベホマ・ベホマラーばかり、バタバタ倒されながらリトライ上等で強引にクリアする人もいるでしょう。
でも皆、クリアした時は「あー楽しかった」というでしょうな。

まぁ肥大する数値をひらすら殴り飛ばすドラゴンボールプレイに疑問を持たれたなら、
違う事を目ざしてあれこれ工夫してみる・色々な作品をやってみるのは良い事でしょう。
また違う楽しさに目覚めるでしょうしね。
しかし肝心な、作品の具体名が出ないな……
あれこれ手をだすような時間が欲しい所ですわ。

投稿: 松友健 | 2012年7月23日 (月) 21時45分

 最近のノリは難解なダンジョンや行動の選択云々を全部削ってでもタップリロールプレイするシナリオと、やるかやられるかの死闘や戦術構築より、カッコイイセリフとフレーバーなアクションシーンだけ考えてても勝てる、GM側で調整した戦闘の方が好まれてるっぽいと感じますなー。案外ゲームブックもそういうのがうけるのかも・・・と無責任な発言は出来ないのでこれ以上言えませんが!少なくとも、選択肢に即死があるとクソゲーと呼んで捨てられる以前に、触っても貰えないのは確かです。
 知人の言葉を借りると「tRpgとtrpG・・・つまり重要視している部分の違い」であって種族も職業も装備も全部フレーバーでも関係ない、それこそダイスすら使わない遊び方をしたがる人は非難される事をしていないという事だけど・・・でも一緒に遊ぶには不都合が多い訳で。
 ・・・何言いたいのか自分でも分からなくなってきましたのでこの辺で失礼します。いろいろ遊んでみたいのはやまやまですが、今いるド田舎だと何も手に入らない(涙

投稿: ベルゲルミル | 2012年7月24日 (火) 02時15分

ふむ。昔遊んだTRPGに熱血専用とか番長学園というタイトルがありましたが。
述べられたタイプと合致してますな。ああいう物の系譜が求められておるんでしょうか。
自分はああいうのも結構好きでしたので、結構な事だと思ってしまいましたが。

ファイヤード!がそこらへんを少しシステマチックな方に寄せた感じでした。
次にああいうゲームをやる機会があったら異界超人ミサイルマンというのをやってみようと思います
(超人強度300万パワー・必殺技は「地獄の大陸間弾道」)。

まぁこの種は合わない人にはどうやっても合わないと思いますので
貴方が抵抗を覚えるなら、仕方のない事だと思いますよ。
少なくとも、習熟する事で多様な戦法を使いこなせるようになるゲームとはちと違うでしょうし……

しっくり来る良い作品に出会える事をお祈りします。

投稿: 松友健 | 2012年7月24日 (火) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/46421457

この記事へのトラックバック一覧です: ソードワールド新種族:

« ブラッドソードリプレイ3-16 7身分体 | トップページ | GW終了 »