« 天馬幻想 | トップページ | 自分近況 »

2011年12月 5日 (月)

ゲームの嗜好

今日も仲間とTRPGで遊んだ。
シナリオ自体は上手く終わった。
ザコの数を多めに配置し、遭遇前にその事がわかるようにはっきり告げ(こういう時は「匂わせる」程度では駄目だ)、この数をまともに相手するのはキツイな……と理解させた上で、比較的容易に火薬樽の貯蔵庫へ入る事ができるようにしておいた。

予定では まずは戦わず探索→火薬樽発見→盗賊技能とか魔法とかでザコを巻き込めるような位置へ置いて着火→ドカーン→余力をたっぷり温存したままボスの住処へ という流れにするつもりだった。

魔術師が魔法と作戦を脳味噌振り絞って駆使し、ボスの住居を直接爆撃しようと頑張っていたので、まぁ面白いしいいか……と認める事にした。
よってボスは一打も交える事なく大爆発で木端微塵となり、ザコは炎上するアジトから逃げ出す事になりましたとさ。どっとはらい。

「ボスの持っている金品は手にはいらんなー」
「それが目当ての仕事じゃねぇんだ、金欲しさにケチケチする必要はねぇ!」
「ハッハーよく燃えてやがるぜ」

で、シナリオ終了後。
もしボスと闘っていたらどうなっていたか、パーティの戦闘力を確認する意味で模擬戦闘をやってみた。

……このパーティ、レベル相応の戦闘力ないわ。
ボスが強すぎる、つまり自分のバランス感覚が悪いのか……とも考えたのだが。
キャラシートを見る限り、なんつーか、悪い意味で遊んでいるというか、全員がどこかしら問題を抱えたキャラ設計をしている。
あらかじめ「この種族は使い難いからやめとけ」と忠告したけど聞かなかった奴とか。
取る技能多過ぎ、これ成長速度カタツムリだろって奴とか。
AもできるBもできる、でも両方同時にはできないし能力の絶対値は低めです!な悪い意味での万能型とか。

別に最強戦闘力のバーサーカーしか作るな、とは言わんが……
マイナスの方に振れてるような奴ばかり揃うってのはな。
一人ぐらいならともかく、全員がこれだよ。

レベル相応の敵と戦えないパーティに付き合う気が急下降する自分。
でもギリギリの高難易度戦闘が好きか、というと完全にNO。
スパロボなんかでも、変な部隊を作る事はある。長距離狙撃キャラでメンバーの過半数を埋めて地形効果の高い位置に陣取り、ひたすら遠距離砲撃のみで敵を撃ち抜く部隊とか。瞬間火力の高い奴から順に編成して大ダメージを見て楽しむ部隊とか。MAPW持ちをやたらと編入して焦土作戦慣行とか。
でも、他の人がやるような、わざと弱いキャラばかりで無理矢理難易度を上げる「縛りプレイ」なるものは、自分では決してやらない(人様のプレイ記録を眺める事はあるが、それでも)。

数値的には過不足無い相手に、趣味や変則的な手段を入れながら攻略する……というプレイが好きなんだろうな、自分は。
まぁそれをプレイヤーに押し付けるのは、正しくはないんだろう。
だが露骨な手加減が必要となると、ちょっとな……。
どうしたもんか、思案中……。

|

« 天馬幻想 | トップページ | 自分近況 »

TRPG」カテゴリの記事

コメント

以前「WIZとリセット」という記事のところで、
シナリオ「怨霊の王女」のプレイ動画投稿の許可をお願いした者です。
その節はお世話になりました。

ようやく今日、動画投稿が終わりました。全21話です。
私の表現力では、シナリオの良さを伝えきれなかったと反省しています。
まあ、私なんかに目を付けられた事が不運だったと、あきらめていただけると嬉しいです。

動画は関係なく、私自身は最後まで楽しんでプレイをさせていただきました。
武器の「アーマゲドン」を装備してからは、
敵の出現数が多いほどストレス解消になるという、Wizardryの新しい魅力を知りましたw
ありです! 圧倒的な破壊力で敵を粉砕するのは気持ち良かったです!
世界観、テキスト、物語の展開、気持の良い強い武器w、
素晴らしいシナリオをプレイさせていただいた事に感謝します。

最後に、武器の「妖刀『霧尽』」の元ネタがあったら知りたいのですが、聞いても良いでしょうか?

投稿: 幸花 | 2011年12月10日 (土) 06時03分

おお、お久しぶりです。
不運なんてとんでもない。動画による紹介、どうもありがとうございます。
てっきりダイジェスト10分程度のPVみたいなもんだと思っていましたが、
21回にもわけて紹介してくださるとは感謝することしきりです。

しかしアーマゲドン常用ですか。
強力なアイテムってゲーム終わる頃にしか入手できないから使い時ってあんま無いよな
→じゃあペナルティーつけて中盤以降に出るようにしちまえ
という経緯で作ったアイテムの一つですわ。
戦闘の度に経験値4分の1ピンハネされるなら長期間使う事もないだろう……とふんで設定したのですが
どうやらそうでもなかったようですな。

妖刀『霧尽』は、自分が書いたゲームブックの主人公が使っていた武器「無尽」の、
初期稿時代の名前です。
怨霊の王女の作成は結構前に初めて(途中で中断もして)おり、没ネームがそのまま残っているのです。
というわけでパロディ武具の多いシナリオですが、この武器はオリジナルです。
形状的には柄しかなく、振るうと狙った位置に斬撃が発生するという物で、
この特性を「AC無視」「レンジL」で表現しています。

投稿: 松友健 | 2011年12月10日 (土) 22時53分

お返事ありがとうございます!

松友健 様はプロの物書きなんですね。
そんな方の創った物語を無料でプレイして、しかも動画を投稿させてもらえるなんて、
私はなんて幸せな罰当たりだったのでしょう・・・うひひひひw(失礼)

「妖刀『霧尽』」はオリジナルなんですね。
「霧が尽きる?」「霧となって尽きる?」など色々と想像してしまいました。
刀で霧というと、刀身が霧で覆われていて血のりが付かないとされる「村雨」しか浮かびませんでした。
あれ?「村雨」の解釈・・・間違っていますか?w

テキストやアイテムの名前で、読み手の想像を掻き立てる、本当に素晴らしいシナリオでした。
私は 松友健 様のシナリオはこれが初めてだったので、これから他の作品もプレイしてみたいと思います。

Wizardryは人によってプレイスタイルが大きく違うと思います。
私は物語を想像しながら、その一方で出現する敵を皆殺しにして略奪を繰り返すという、
由緒正しいプレイスタイルです。
レベルが上がり過ぎると戦闘が作業になってしまうので、
経験値入手-25%は緊張感を維持するのに丁度良いくらいでしたw

「アーマゲドン」は、成長する事を止め、将来をあきらめ、明るい未来を閉ざす事と引き換えに、
現在において最強の破壊力を持つ事ができる武器! 
という、あきらかに漫画とかアニメならダークヒーローが持つ武器というイメージで興奮しましたw

シナリオを創るというのは、大変な労力を必要とするものだと思います。
でも、もし、もしも次回作があるのであれば、
「アーマゲどぉ~ん☆」という、呪い、経験値入手-50%、信仰心-10、生命力-10、運の強さ-10、
魔法2倍、敵の呪文抵抗半減、雷属性ダメージ+10、でお願いしますw

本当にありがとうございました。

投稿: 幸花 | 2011年12月11日 (日) 13時15分

>松友健 様はプロの物書きなんですね。
プロというより、商業活動を副業で2回ほどやったという状態ですな。
もっと色々やれたらいいんですけどねぇ。

>「霧が尽きる?」「霧となって尽きる?」など色々と想像してしまいました。
初期案では、霧の中から沸いて出る魔物と古来からの因縁がうんたら~
みたいな話だったので、霧尽という名前だったのです。
あと村雨って、おらが村に雨ふらせてくれるから村雨……ではなかったのですね。薄々わかってましたが。

>私は 松友健 様のシナリオはこれが初めてだったので、これから他の作品もプレイしてみたいと思います。
自分で言うのもなんですが、一番最初の「ラストバトルオブ忍者」は今からやる価値は無いと思います。
リメイクした奴に、あらゆる点で下回っておりますので。

>経験値入手-25%は緊張感を維持するのに丁度良いくらいでしたw
そういう考え方もあるのですな……
次があったら、呪いアイテムの性能を再考します。

>という、あきらかに漫画とかアニメならダークヒーローが持つ武器というイメージで興奮しましたw
自分の脳内イメージでは、悪役の魔術師がもっていそうな見た目からして邪悪そうな杖です。
トゲトゲは絶対どこかについているな……

>シナリオを創るというのは、大変な労力を必要とするものだと思います。
確かに。時間もかかりますしね。
実は今、次を考えてはいるのですが、詰まったり手直ししたりでなかなか進みません。
それでも一つ仕上げると、必ず不満点や改良案や実行してみたいアイデアが出てくるもんですな。
なお、アイテム案については、前向きに善処いたします。

>本当にありがとうございました。
こちらこそ、どうもありがとうございました。

投稿: 松友健 | 2011年12月12日 (月) 00時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/43257989

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームの嗜好:

« 天馬幻想 | トップページ | 自分近況 »