« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月18日 (日)

自分近況

なんか絶不調なので特に書く事もないんだが。
全然更新してないんでとりあえず日記でも。

不調でしんどく注意力も散漫になっており、困ったミスをちょくちょくと。
そんな中、うっかり手を滑らせてDSを落っことした。
コンクリートの上にな。

一発でご臨終。
起動直後に真っ白になってウンともスンとも言わねぇ。
流石にコンクリが相手では分が悪かったか。
結局、こいつもスパロボ専用機として寿命を終える事になったな……。
あいや、他のゲームも二本ほどやったっけ?
まぁ昔もってたセガサターンと同じような運命にして同じような末路だった。

そういやセガサターンも、スパロボしか遊ばないなんてもったいないってんで
当時あれこれゲームを物色してたもんだ。
確か当時、サクラ大戦てのが売れてたんで
「ロボと女の子いっぱいなんて手堅いじゃないっすか」と思い
ゲーム雑誌のページを見てみたんだな。

……このロボはちょっと……
和風スコープドッグとでもいえば聞こえはいいが……
味方全機これでは手を出すのはちと無理……

主人公機はサムライロボ(レオンカイザーとかダイゼンガーみたいな奴)と勝手に想像していた自分は
結局手を出さずじまいだった。
最近のスパロボにボトムズが参戦したのでなんとなく思い出す今日この頃。

とりあえずDSどうすっかな……
保証期限なんぞとっくに切れてるだろうし、こりゃ埋葬かね……

ささやき いのり えいしょう ねんじろ

まぁ亡骸は残しておくとするか。
じきにまた何か面白そうなDSソフトが出ないとも限らん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

ゲームの嗜好

今日も仲間とTRPGで遊んだ。
シナリオ自体は上手く終わった。
ザコの数を多めに配置し、遭遇前にその事がわかるようにはっきり告げ(こういう時は「匂わせる」程度では駄目だ)、この数をまともに相手するのはキツイな……と理解させた上で、比較的容易に火薬樽の貯蔵庫へ入る事ができるようにしておいた。

予定では まずは戦わず探索→火薬樽発見→盗賊技能とか魔法とかでザコを巻き込めるような位置へ置いて着火→ドカーン→余力をたっぷり温存したままボスの住処へ という流れにするつもりだった。

魔術師が魔法と作戦を脳味噌振り絞って駆使し、ボスの住居を直接爆撃しようと頑張っていたので、まぁ面白いしいいか……と認める事にした。
よってボスは一打も交える事なく大爆発で木端微塵となり、ザコは炎上するアジトから逃げ出す事になりましたとさ。どっとはらい。

「ボスの持っている金品は手にはいらんなー」
「それが目当ての仕事じゃねぇんだ、金欲しさにケチケチする必要はねぇ!」
「ハッハーよく燃えてやがるぜ」

で、シナリオ終了後。
もしボスと闘っていたらどうなっていたか、パーティの戦闘力を確認する意味で模擬戦闘をやってみた。

……このパーティ、レベル相応の戦闘力ないわ。
ボスが強すぎる、つまり自分のバランス感覚が悪いのか……とも考えたのだが。
キャラシートを見る限り、なんつーか、悪い意味で遊んでいるというか、全員がどこかしら問題を抱えたキャラ設計をしている。
あらかじめ「この種族は使い難いからやめとけ」と忠告したけど聞かなかった奴とか。
取る技能多過ぎ、これ成長速度カタツムリだろって奴とか。
AもできるBもできる、でも両方同時にはできないし能力の絶対値は低めです!な悪い意味での万能型とか。

別に最強戦闘力のバーサーカーしか作るな、とは言わんが……
マイナスの方に振れてるような奴ばかり揃うってのはな。
一人ぐらいならともかく、全員がこれだよ。

レベル相応の敵と戦えないパーティに付き合う気が急下降する自分。
でもギリギリの高難易度戦闘が好きか、というと完全にNO。
スパロボなんかでも、変な部隊を作る事はある。長距離狙撃キャラでメンバーの過半数を埋めて地形効果の高い位置に陣取り、ひたすら遠距離砲撃のみで敵を撃ち抜く部隊とか。瞬間火力の高い奴から順に編成して大ダメージを見て楽しむ部隊とか。MAPW持ちをやたらと編入して焦土作戦慣行とか。
でも、他の人がやるような、わざと弱いキャラばかりで無理矢理難易度を上げる「縛りプレイ」なるものは、自分では決してやらない(人様のプレイ記録を眺める事はあるが、それでも)。

数値的には過不足無い相手に、趣味や変則的な手段を入れながら攻略する……というプレイが好きなんだろうな、自分は。
まぁそれをプレイヤーに押し付けるのは、正しくはないんだろう。
だが露骨な手加減が必要となると、ちょっとな……。
どうしたもんか、思案中……。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »