« ブラッドソードリプレイ3-9 海賊船 | トップページ | 好かれるキャラクター »

2011年6月19日 (日)

ブラッドソードリプレイ3-10 激戦海賊王

【このリプレイには原作本文を度々引用しますが、都合により細部に修正を施しています。ご了承ください】

Photoテツヤ (18歳・盗賊)

著作『夢幻の双刃』から出張。
販促活動の一環として様々な世界を放浪させられる青年。
全てを破壊し全てを繋げ!
今回は洋物ゲームブックで1,2を争う名作に挑む。

ランク:5 戦闘力:7(+1) 打撃力:サイコロ2個 精神力:7 機敏度:8 生命力:31
装備:ブラッド・ソードの鞘 ロジ・スカイランナーの剣 革の鎧(鎧強度:2) 弓 矢筒(6本) 金貨袋(所持金100) 金貨袋(所持金35) 鋼鉄の笏(残り4回) エメラルドの御守り 木の人形

3 ミヤ (15歳・僧侶)

著作『夢幻の双刃』から出張。
テツヤの従兄の娘であり、彼を『叔父ちゃん』と呼ぶ。
本来なら20年ほど時間軸がズレているが、今回の企画ではそれは無視。

ランク:5 戦闘力:8(+1) 打撃力:サイコロ2個 精神力:8 機敏度:7 生命力:26
装備:ブラッド・ソードの柄 ヘラクロスの戦斧 鎧(鎧強度:3) 魔法の弓 矢筒(6本) 盾の御守り(鎧強度+1) 金貨袋(所持金100) 金の巻物 金の鏡 黒い絹のクッション

Photo_2 ディアブロ (年齢不詳・魔術師)

著作『魔人竜生誕』から出張。
元々は天地自然の精霊の世界で暮らす妖精の一種。
酒目当てや暇つぶしで度々人界に彷徨い出るホームレス。

ランク:5 戦闘力:7 打撃力:サイコロ1個+2 精神力:8(+1) 機敏度:7 生命力:26
装備:銀の鎧(鎧強度:2) 魔法の指輪(精神力+1) 金貨袋(所持金100) 琥珀の火口箱 魔法のパン ファティマの銀の鍵 鉄の鈴 聖アシャナクスの十字架 水晶の瓶 膏薬の瓶(残り5回)

Photo スクリーボ

旅の途中で買われたカラス。
お値段は金貨1枚。
とりあえず当面、役に立つような能力は無い。
しょせんは金貨1枚。

レジェンドという世界、クラースの地にて冒険者として旅する三人。伝説の“生命の剣”ブラッドソード探索の旅を続け、その柄と鞘を手に入れた彼らは、最後の部品である刀身を探す。刀身を求めてたどり着いたのは、十字軍が拠点とする都・クレサンチウムだった……。

クレサンチウムでブラッドソードの在処を知る人物・ササリアン王子に出会う三人。剣の有る場所へ行くには海賊王ハンガックからエメラルドを2個、奪わねばならないという。次元の狭間を流離う伝説の海賊船に、三人は乗り込んだ……。

ミヤ「さあ、甲板から船の中へ降りていくよ。鬼が出るか蛇が出るか! わくわくするね!」

テツヤ「時間制限がある事を忘れんようにな。時間経過の印が10個集まったら強制イベント発生だからよ」

ディアブロ「一つ目は階段を降りるときに既に記入してあるぜぇ。あと9つだ」

何が起こるかはその時のお楽しみである。三人は階段を降り、船の通路に立った。

【項目487】
空気は濁り、かび臭かった。
だが少なくとも、白い霧に包まれた甲板の上より、ここのほうが暖かい。
通路の壁にはめこまれた球体のランプから、ほの暗い明かりが差していた。
床は琥珀でできているようだ。
天井と壁はマホガニーの板張りで、古風な装飾がほどこされている。

二つ目の印を記す。

テツヤ「床が琥珀の船だと!?

ミヤ「贅沢だよね。普通は木なのに。たぶんこれも略奪した琥珀で張り替えたに違いないよ」

ディアブロ「琥珀が余ってるから床に使おうってかね。さすが海賊王ともなると発想が違うぜぇ」

理解しがたい贅沢の仕方に思いをはせる。ここからは船首と船尾に向かえるようなので、三人は船首の方を選んだ。しばらく進むと……

【項目182】
ドアがあったので、あけて中に入る。
そこは前甲板下の船員室だった。
ぐるりの壁には四段ベッドがずらりと造りつけられ、優に千人の船員を収容できそうだ。
しかしどのベッドも空っぽで、あるものといえば、ほこりの山と人骨とボロボロの衣服ぐらいのものだった。

三つめの印を記す。

テツヤ「船員が死んでるじゃねぇか。どうやって海賊稼業をやってるんだ?」

ミヤ「前の仕事で全滅しちゃったのかもしれないね」

ディアブロ「その仕事もずいぶん前らしいぜぇ」

テツヤ「しゃあねぇ、ちと調べてみるか。目当てのエメラルドがありそうな場所じゃねぇけどな」

【項目242】
ベッドは金属製で、寝床には銀の針金細工の綱が張ってあった。
床には弾力性のある灰色のマットが敷かれているベッドの一つに近づこうとしたところ、船員の死体に突き当たり、骸骨の手がこちらの頭の上へドサッと落ちてきて、ギョッとする。
ふるえながら、船尾へ向かう事にする

四つめの印を記す。

テツヤ「驚かせやがって! てっきりアンデッドモンスターと戦闘かと思ったぜ」

ミヤ「あー、ありそうなパターンだよね」

【項目564】
甲版へ上がる階段まで戻る。
あせりながら、船尾へ急ぐ。

五つめの印を記す。

ディアブロ「ここは通り過ぎるだけの項目、と」

テツヤ「どう考えても時間を無駄にしてるよな。これ、選択を間違えたように思うんだが」

スクリーボ(実にその通りだゾ。魔術師のいないパーティがこの選択で時間を無駄にすると、最悪強制ゲームオーバーになるのダ)

【項目437】
通路の両側には、たくさんの船室が並んでいる。

六つめの印を記す。

ミヤ「こういう場所に来ると、一つのぞいてみたくなるよね!」

テツヤ「まぁ一つぐらいならいいけどよ」

ディアブロ「物をとりに来たんだから、あちこち探る事自体は間違いじゃないぜぇ」

というわけで扉を一つ開ける事にした。

【項目34】→【項目392】

開ける事を選ぶと、魔女プシュケに会ったことがあるかどうか、殺したか否かを尋ねられる。それによって部屋の中の展開が少し異なるのだ。
まぁゲーム的には大差ないのだが。

テツヤ「おいディアブロ、お前のクソな知人だった女だな」

ディアブロ「そうだったねぇ。お前さんが殺しちまった女だぜぇ」

テツヤ「そうしなきゃこっちが殺されてたからな」

その場合、この部屋には……

【項目523】
船室のドアを開けたとたん、プシュケの美しい姿が目にはいった。
しかし前に会った時とは様子が違う。鉄の手錠につながれ、美しかったガウンや宝石のついた飾りはボロボロになっている。
彼女がうめいた。

「助けて。この手錠を外して。早く……」

七つめの印を記す。

テツヤ「生きてるじゃねぇか。なんでだよ?」

ミヤ「私たちが去った後、屋敷に控えていたクレサンチウム最高の医師団が三千年の医術の秘を駆使して一命をつないだんだね!」

ディアブロ「俺ら、あの屋敷に一晩はいたんだけどねぇ。ま、助ける気にもなれないし、そこらへんの理由をちょいと聞いてみるぜぇ」

【項目175】
「ばかなことを聞くんじゃないよ!」

プシュケが叫んだ。
以前の毒のある口調が少し戻ってきたようだ。

「私は死んだのさ。私の魂は邪悪なペスト王エクフェリナーに担保として取られていた。お前らが私を殺すと、あいつは私を奴隷にしてしまった。そのあとで、あいつは海賊王ハンガックとの賭けに敗れ、私はこの忌まわしい軍艦に連れてこられたのさ。早く私を自由にしておくれ。この船室でひとりぼっちにされるのもつらいけど、もっとつらいのは、ハンガックがここにやってくることさ」

テツヤ「その鎖はお前自身が作ったんだ。お前は悪魔を崇拝する罪深い人生を選んだ。いま、その代価を払うしかねぇだろ。定まった運命からお前を救い出そうなど、考えるだけでも神さんを冒涜する事になるだろうよ」

ドアを閉めて、船尾に向かう。

八つめの印を記す。

ミヤ「海賊王さんに売り飛ばされたのはわかったけど、何されてるんだろ? なんで辛い目にあわされてるのかな?

テツヤ「妾にでもするつもりで連れてこられたが、あの性格なんでハンガックを怒らせちまったんだろうよ。ま、俺らにゃ関係ないこった」

ディアブロ「時間もないしねぇ。印あと二つでタイムオーバーだぜぇ」

【項目473】
円形の大きなドアの前にやってくる。
しばらくためらった後、中央のハンドルを回した。
ワイン色の木のドアは、花のつぼみが開くように少しずつ開いていった。
部屋に入ると、中には身長二メートル以上の大男のために作られたような家具があった。
古いタピストリーで覆われたベッドがあり、テーブルの上には黄色くなった海図が数枚、広げられている。
そして正面の骨董品の並ぶ棚に挟まれて、もう一つドアがあった

九つめの印を記す。そしてMYTHAGOという暗号を記す。

テツヤ「どうやら船長室のようだな」

ディアブロ「エメラルドがあるならここだろうぜぇ。で、どこを探すかね?」

ミヤ「ちょっと興味あるんで海図を見てみよう。どれどれ……」

【項目209】
それはこれまでに見たこともないような海図だった。
歴史と伝説の地が楕円の碁盤目と収束線の上に記され、余白には魔法使いの文字とおぼしきものが殴り書きされていた。
が、まるで解読不可能だった。
 

ミヤ「私にもわかんない字だなー。ハンガックさんは海賊なのにこれ読めるんだ? 実は魔法使いなのかな?」

ディアブロ「メガネかけたインテリ風あんちゃんが出てきて『フッ……僕がハンガックだ』とか言い出すのかねぇ」

テツヤ「どんな海賊王だよ。ともかく、この机にエメラルドは無いんだな? じゃ他を探すか」

だがここで経過時間を示す印が十個になる。よって強制的に項目422番へ移動。

【項目422】
船内を探索するうちに、なんらかの暗号を書きとめなかったか?

テツヤ「MYTHAGOだな。これ、進行チェックのフラグだったんだな」

暗号が一つも無い場合、船とととも異次元に引きずり込まれゲームオーバーだ。だがこれ一つだけ記録してある場合は……

【項目271】
もう一つのドアが突然バタンと開いた。
とたんに灰青色の強い光が押し寄せてきた。そこに肩幅の広い男が立っている。
船室の天井は高かったが、それでも前かがみにならなければならないほど、その男は大きかった。
両腕を上げると、鉄の鎧がジャラジャラと重そうな音を立てた。
両手には血のりのついた戦斧を一本ずつ握っている。
雷のような声で、やつがいった。

「海賊王の宝庫に盗みにはいるとは、どこのどいつだ? この代償は血で支払ってもらうぞ!」

テツヤ「見つかっちまったぞオイ!」

ミヤ「しかもインテリメガネさんじゃない!」

ディアブロ「エメラルド見つけたら帰りますんでもうちょっと待ってくれ……と言っても許しちゃくれないだろうねぇ」

どう見ても、戦いたい相手ではない。
ハンガックはもはや人間ではない。数世紀を経て、神話のヒーローとなってしまった男だ。
ブラッド・ソードを求める冒険の旅に、運悪くこんなやつが紛れ込んできて行く手に立ちふさがってしまうとは!
エメラルドを手に入れるためには、やつを倒さなければならない。
それには、戦うしか手はあるまい。

B310_2ハンガック(H)
戦闘力=10 精神力=9 鎧強度=5 生命力=100
打撃力=サイコロ6つ 機敏度=9
※ハンガックはラウンドごとに二度打ちかかってくる(二本の戦斧を使って)。彼には盲目的服従の呪文は通じない。海賊王に命令を下せる人間などいないのだ。

テツヤ「とりあえず死ねって言われてるような能力だな! 暗黒聖闘士を倒しに富士の風穴に行ったら黄金聖闘士が横から出てきたみてぇだぞ!」

ミヤ「ダメージ期待値は31点前後だね。攻撃されたらだいたい即死しちゃうよ」

ディアブロ「でもこいつ、近接攻撃しかできない敵単体だぜぇ」

テツヤ「久しぶりに逃げ回り&固定砲台か……」

○第1ラウンド
ハンガックがD-3に移動。
テツヤがB-4に移動。
ミヤがC-4に移動。
ディアブロがF-5に移動。

事実上決着。
戦闘ルールでは、敵は近接攻撃の目標として近いキャラクターへ移動する。一番遠いディアブロへは向かわなくなったので、あとはミヤとテツヤがハンガックの側で移動を続ければいい。ディアブロは心おきなく最強の呪文を詠唱し続ける事ができる。

呪文を準備していなかったので、2ラウンド目にはネメシスの電光を準備。
4ラウンド目に詠唱成功、ダメージ29(被害24、残り76)。
5ラウンド目に呪文を準備、7ラウンド目に詠唱成功。ダメージ30(被害25、残り51)。

8ラウンド目に呪文を準備、14ラウンド目に詠唱成功。ダメージ34(被害29、残り22)。
15ラウンド目に呪文を準備、18ラウンド目に詠唱成功。ダメージ38(被害31、撃破)。

ディアブロ「海賊王に勝ったぜぇ

ミヤ「牛さんが卑怯攻撃で倒されたみたいな光景だね!」

テツヤ「それを自分たちがやるとはな……」

まともに戦ったら即死なので仕方がない。

【項目547】
カシの古木が倒れるように、ハンガックは船室の床に音を立ててころがった。
不気味な静寂が流れた。ハーハーという自分達の息だけが聞こえる。
魔力がこめられているはずの、奴の戦斧を手に取ろうとしたが、びくともしない。
奴の鎧の一部をはがしてみる。
この戦いの前に、やつはひどく傷ついていた。
大きな爪をもつ化け物の一撃を肩に受けたのだろう

鉄の鎧が肉に深く食い込んでいる。
これを見て、勝利の喜びはふっとんだ。
ハンガックはこんな傷を負ったまま戦っていたのか。
普通の人間なら、とっくに死んでいるところだ。
そのとき、やつがうめき声をあげた。
 

テツヤ「ゲーッ! 生きてやがる!?」

ディアブロ「もう一度同じ戦法で戦うしかないかねぇ」

ミヤ「でもちょっと様子が変だよ?」

【項目154】
ハンガックは低いうなり声をあげて、よろめきながら起き上った!
床に座り込んだやつの目は、立っているこちらの目と同じ高さだった。
やつはかぶとを脱いで、こちらの顔を見つめた。
灰色の目には、もはや敵意は見えなかったが、じっと見つめられると、やはり体が震えた。
恐怖でなければ、畏怖の震えだっかもしれない。

テツヤ「あんたは死んだはずだ……」 

「死んだ? 海賊王ハンガックが?」

やつは立ち上がった。

「いや死んではいない! フェシティスさえとどめをさせなかったのだ。そのかぼそい腕で、そんな芸当ができると思うのか?」

一瞬、やつは戦いをつづける気がどうか考えた。
しかしやつは戦斧をテーブルの上に置き、ベッドにドスンと腰をおろした。

「やれやれ、わしは疲れたよ。いつまでも骨の冷えがひかんのだ……」

やつはこちらを見た、

「いい戦いぶりだったぞ。大胆で、しかも堂々としていた。わしは滅多にほめんのだから、誇りに思うがいい! 大声で自慢しろ。女のようにぼそぼそいうのは、ヒーローにふさわしくないからな。さあ、そちらの冒険談を聞かせてくれ」

テツヤ「いや……あの戦法は大胆でも堂々ともしていないと思う」

ミヤ「知恵を駆使したことを認めてくれてるんだよ、きっと。あとあたし女だからぼそぼそ言っても許されるんだよね?」

ディアブロ「君が一番声でかいんだがねぇ」

やつは話すのをやめて、目を閉じた。

「わしは休まねばならん……休むことができたらなあ……」

やつは大きな手を棚に向けて振った。

「欲しい物を持って行け。勇気をもって、自らが勝ち得た物だ。若さゆえのその無鉄砲さを克服できたときには、伝説のヒーローとなれることだろう。さあ、行くがいい!」

エメラルドは粘土のかめの中にあった。ハンガックに一礼をして、船室から出ていくことにする。 

テツヤ「よし貰った! ほなさいなら!」

ディアブロ「気が変わる前に立ち去るとするかね。接敵状態で戦闘をはじめられたら間違いなく屍の山だぜぇ」

ミヤ「でもなんか、思ったより悪いおっちゃんじゃなかったね!」

廊下を走る三人。なお、エメラルドは2個で一つの持ち物となる。荷物もいっぱいなので、プシュケの館で拾った水晶のびんを捨てていく。

テツヤ「あれ、中身なんだったんだ?」

ミヤ「回復薬だよ。生命力がサイコロ4個回復するの」

テツヤ「なるほど、いらんわ」

【項目185】
階段にさしかかると、なにか恐ろしいことが起こる予感に襲われた。
思わず足を速める。
甲板に出たとたん、何かがすぐそばを矢のように通り過ぎた。
見ると化け物のような奇妙なものが、まわりをすいすいと飛び交っている。
それが船体やマストに触れるたびに、パッと赤い火花が散った。
一陣の風が甲板を渡ると、凍てつくような雨が霧を二つに分けた。
前方に見えるのは真っ黒な闇ばかりだ。
ふり返ると、船尾の眺めはトンネルの中から見る外の景色のようだった。
あの島が見える。
そして湾の水は夕陽に染まっていた。
だがそれらは恐ろしい速度で後退しつつあった。
デビルス・ランナー号はこの世の海を離れようとしているのだ!
 

テツヤ「おいおい、異次元に引きずり込まれそうになってるんじゃねぇか!」

ミヤ「急いで離れようよ! あたしたちの船、鎖でつないでたよね」

【項目369】
小舟をつないでおいた鎖を伝い、小舟に乗り移る。
オールを握ると、手遅れにならないうちにデビルス・ランナー号から離れようと、死に物狂いでこいだ。

ディアブロ「なんだかんだいって役に立つ小舟だぜぇ」

【項目99】
ようやく島にたどりつくと、ふり返ってハンガックの船の出発を見守った。
船は厚い霧に覆われ、夕陽に赤く染まった雲に映る大きな影にしか見えなかった。
やがて風が霧を吹き飛ばした。
あとには、平らな海に霧の切れ端がかすかにたなびいているばかりだった。
デビルス・ランナー号は影も形もない。
船が起こした最後の波が足元に打ち寄せ、それが行ってしまうと、あたりの海は星空の下で鏡のように静かになった。

テツヤ「ふう……なんとか助かったな。えらい目にあった」

ミヤ「ハンガックさんさようなら。元気でね」

ディアブロ「いや、あの人無駄に元気だったように思うぜぇ」

テツヤ「不死身のおっさんより、俺らの今後を心配した方が良さそうだ」

行きがあれば帰りもあるのだ。また海を渡ってクレサンチウムへ戻らなければならない。はたして無事に戻れるのか……それは次回のお話。

(C)D・モリス O・ジョンソン 著 大出健 訳/富士見文庫

|

« ブラッドソードリプレイ3-9 海賊船 | トップページ | 好かれるキャラクター »

ゲームブックリプレイ・ブラッドソード3」カテゴリの記事

コメント

ここは民明書房にも登録されそうなシーン。ハンガックを半額っすー!とか当初バカにしてましたが、ガチンコ勝負を挑み即お詫び。魔女との面会を避けて逃げるようにしました。

後にこれより洒落にならない相手がいますが、ハンガックは俺の中で最強の海賊として文字通り心(キャラも)刻まれました。本当に牡牛座・アルデバランのような方ですな。

投稿: かずお | 2011年6月19日 (日) 23時02分

>>かずお 殿
ハンガック氏はもともとただの人間だというのが地味に凄いと思います。
このシリーズのこれ以上の敵となると、超自然の存在ばかりになりますので。

仮面ライダー最強はアギト説を思い出しました。
「だってあいつ、改造も道具も何一つ使ってない生身なんだぜ!」

投稿: 松友健 | 2011年6月20日 (月) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/40456635

この記事へのトラックバック一覧です: ブラッドソードリプレイ3-10 激戦海賊王:

« ブラッドソードリプレイ3-9 海賊船 | トップページ | 好かれるキャラクター »