« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月18日 (月)

やっとクリアしたぞ!

 去年買ったスパロボOGSのシナリオ2を。

 単発火力偏重、合体攻撃の使い手を「魂」保持者と組ませること3チーム、援護回数4回のコンビも用意。

 ダイゼンガー(ゼンガー)+ゲシュペンストS(カイ)
 アルトアイゼンリーゼ(キョウスケ)+ヒュッケバインボクサー(リョウト)
 
R-GUNパワード(ヴィレッタ)+ラーズアングリフレイヴン(カチーナ)
 
SRX(リュウセイ)+ヒュッケバインガンナー(リオ)

 この4チームでぐるりを囲むは援護攻撃4レベル+連携攻撃を養成済みの
 虎龍王(ブリット)+アルテリオン(アイビス)

 脱力で敵の気力をヘロヘロに下げ、魂合体攻撃+闘志援護攻撃により1アクション合計10万ダメージ上等の必殺火力が大爆発……!
 HPが20万を超える敵が最後の3面ぐらいまでいないから、ゲームの大半は余剰火力により誰かが暇になるというバブリーな凄い無駄……!
 ラスボスごときは風船に詰まった花火だったぜ……!

 こんな事書いて信じてもらえないとは思いますが、原稿も進めています。
 本当だ。信じろ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

たのだんのキネティックノベルが届いちまった……

 ものすごい序盤までしかプレイ(と言っていいのか?)していないが、早くもお笑い三連発だ!
 まったく楽しいぜ。OK,これでモトはとれた。

1:普通のリプレイと同じように書かれているので、キャラクター達もゲームマスターと会話する。
 だが立ち絵・表情・声優さんの声があるキャラクターが、無音声のゲームマスターと突然喋り出すので、物凄く異様に感じる。
 例えるなら……スパロボのインターミッションを読んでいると、唐突に製作スタッフ(顔なしセリフのみ)が出て来て話し出すような、そんな感じだ。

剣鉄也「くそっ、バルマーの霊帝め! どこにいやがる!」

寺田プロデューサー「その面のザコを全滅させたら宮殿の前に増援でわいてくるよ」

剣鉄也「そうか、わかった! いくぞ帝国軍め、命を燃やす時が来た!」

(BGM:勇者はマジンガー)

↑マジでこんな感じ。リプレイだと読み慣れている筈なんだが、違和感があるのはなぜだ……?

2:おまけディスクがついてきたので、設定画とやらを拝見してみた。
 新キャラについてのネタバレ画らしき物があった。
 ……発見もゲームの楽しみの一つだぜ!

3:シャーリィさん(美少女)が着替えている部屋にレクサス(ロンゲのイケメン)が入ってくるシーンがあった。
 恥ずかしがるシャーリィさんに「どうしたんですか?」ととぼけるレクサス。

 おいぃ、これ入って来たのがブサでデブなら袋叩きで窓から投棄されるんじゃないの。

 イケメンならエロガッパでも許されるのかよ。
 汚いな実に汚い。俺は中立の立場だったがこれでますますイケメンは許せなくなったな。だってもあもりにも差別だろーこれは。
 今すぐ魔王が復活して「この世を腐敗と死が蹂躙する世界にするのだ」とか言い出したら魂を売ってやってもいいような気になってきた。
 でも蘇った魔王がデビルサイダーのベルゼバブ様だったら逃げるかもしれん。

 さて、とりあえず楽しんだし自分の作業に戻るとするか……。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »