« 詰まって困る | トップページ | たのだんのキネティックノベルが届いちまった…… »

2010年9月28日 (火)

そういや発売されましたね

 ソードワールドのリプレイ「たのだん」のキネティックノベルが発売されてました。
 このブログにも、それで検索して来られる方がおられるようです。

 失礼を覚悟で正直に述べると、これがソードワールド2.0における最初で最後の声つき作品になる可能性は充分に考えられるので、自分は購入するつもりではあります。

 でもすまねぇ。
 今はそれどころじゃねぇんだ。
 自分の事で手いっぱいなんでな……。
 色々と行き詰ってて困る。

 それでも一応、たのだんについて触れておきます。

 公開されてる声優さんに知っている人が一人もいねぇ。
 困ったもんだ、これがな。

 どこかに1キャラぐらい、無理矢理にでも神谷明をあてておくのが普通な時代が懐かしいわい。
 自分がガキの頃、週に2回はあの人の声を聞いていたような気がしてならねぇ。3回だったかもしれないな。

 そういえば聖闘士星矢(アニメ版)でも、あの人は自分の知るだけで3キャラほど演じておられた。
 ペルセウスのアルゴルα星のジークフリードりゅう骨座のアトラスだ。
 このうち2キャラが敵軍のリーダー各で、戦闘シーンの声を聞いていると誰が主役かわからない状況があったりするのだが……

 最加熱期の12宮編を外しているキャラばかりである。しかも二人が原作にいないアニメのオリキャラ、うち一人は映画のキャラだ。
 よって「星矢に神谷キャラっていないよな」と言うところころ騙される人が多数出るという状況に……!

 これも地球外知的生命体のゴルゴムにいるタクミって奴の仕業なんだドンドコドーン。

|

« 詰まって困る | トップページ | たのだんのキネティックノベルが届いちまった…… »

たのだん」カテゴリの記事

コメント

星矢といえば古谷徹。
神谷明と古谷徹。
この二人の存在感の大きさはすごいものがありましたね。
当時の殆どのジャンプアニメの主役級はこの二人のどちらかだったような。

投稿: Takelph | 2010年9月29日 (水) 02時18分

旧版のソードワールドがPC版やSFC版を出してから20年近く…
おサルさんのようにレベル(5が上限でしたが)や能力値(こっちは50まで上げられる)を上げまくって「こんな進め方するゲームじゃなかったはずなのになあ」とか言ってたものでした。
こんな萌えを前面に押し出した代物が出るとは誰が想像したでしょうか。

それにしても知ってる声優さんが2人だけ(しかも肝心の声を全然知らない)……
これから有名になるんだと信じたいところです。
神谷明と古谷徹並に有名になるには、何か不思議な事が起こらないと厳しそうですが。

投稿: 玄田牛一 | 2010年9月29日 (水) 21時29分

>>Takelph 殿
御両名、明らかに時代に選ばれていましたな。
当時子供だった人で、この二人の声聞いた事ない人はいないだろっていう。
今でもすぐ声が思い出せるのは刷り込みの結果か。

>>玄田牛一 殿
アニメも深夜枠でやる事が多くなったようですし、この時代に両氏ほどの存在になるのは奇跡と不思議な事を相乗で起こさないと無理そうですな。
たのだんの方向性に関しては……作り手の世代でしょうかね。

投稿: 松友健 | 2010年10月 2日 (土) 10時01分

皆さんの仰ることは同意できる部分もあるのですが、果たしてどうスかね?
冷静に振り返ると、コブラもキャッツ・アイもウイングマンも銀牙も奇面組も男塾も、それぞれ主人公の声が違うでゲスよ。

いまの子供たちが大人になってから懐かしむ声優さんて、高山みなみさん、松本梨香さん、戸田恵子さん、田中眞弓さん、野沢雅子さんあたりなんでしょうかね?私から見ても十分懐かしかったりしますが。
いや、現代の子供はレンタルソフトでジブリアニメ見せられたりしますから、意外と我々と認識の差はないかもしれません。


キネティックノベルのキャストは一般公募もしたようですので、知らない声優さんがいるのはむしろ当然かと。

投稿: HA | 2010年10月 4日 (月) 19時13分

なるほど、確かに子供が覚えそうな声優さんとなるとそこら辺になりそうですな。
自分が子供の頃からやってる人がいますが……

そういや声優の一般公募とかやってましたね>キネノベ
もう少し年齢制限が緩ければワシも挑戦したんですがのう。残念ですじゃ。

投稿: 松友健 | 2010年10月 5日 (火) 21時39分

>HAさん
う~ん確かに。
他に私が思い浮かべたのは、シティーハンター、ドラゴンボール、キン肉マン、北斗の拳、気まぐれオレンジロード、ついでにトンチンカンぐらいでした。
古谷徹と神谷明の声優二人よりも週刊ジャンプの勢いのほうが凄かったです。

投稿: Takelph | 2010年10月 9日 (土) 01時23分

> Takelphさま

> 週刊ジャンプの勢いのほうが凄かった
つまりそういうことでしょうね。週刊ジャンプが強力なコンテンツホルダーだったと。

いま思い出しましたが、Dr.スランプとキャプテン翼がまた、上に挙げたのと違う方が主人公の声をアテてらっしゃいましたな。

というわけでランキング(これまで挙がったタイトルのみ)
1位 神谷明…3作
2位 古谷徹…2作
以下3位タイ…1作
・野沢那智
・小山茉美
・戸田恵子
・小粥よう子
・堀川亮
・山田栄子
・千葉繁
・吉村よう
・堀秀行
・野沢雅子
以上敬称略

投稿: HA | 2010年10月10日 (日) 10時20分

>>Takelph殿・HA殿
ジャンプの黄金時代と呼ばれる時期ですからな。
まぁ神谷氏自身の黄金時代はスーパーロボットアニメ初期だとも聞きますが。
その時代に生まれて無い自分。

投稿: 松友健 | 2010年10月11日 (月) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/36961374

この記事へのトラックバック一覧です: そういや発売されましたね:

« 詰まって困る | トップページ | たのだんのキネティックノベルが届いちまった…… »