« もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな | トップページ | 魔装機神(LOE)というゲームが昔あってだな…… »

2010年5月30日 (日)

レビュー マージナル・ライダー(3) 第九話 空飛ぶ女王の護り手

 3巻の最終話を読み終わりました。
 とりあえずエピソードの区切り目なので、ここでキャンペーンを終えても問題無い作りになっています。ここで終了もできるようにしておいたのかもしれません(たのだんも3巻だし、区切りをつける目安なのかも)。
 最後には「次回は~」と予定が書いてあるので、結局、続ける事ができるようですが。

 パーティ分割後、ラファル達男衆は街で情報収集。今回の目的は、ナハト嬢のかつての主人・レインヴェールにかけられた謀反の嫌疑を晴らす事。
 他の冒険者グループと協力したり、濡れ衣を着せたダッカス侯爵側の人間と戦ったりと、シティアドベンチャーが展開されていきます。紆余曲折あって、敵の集会場へ乗り込むまでに漕ぎつけた男性陣。ラファルは飛行型の騎獣ヒポグリフを用意し、いかにも決戦という雰囲気です。

 そして女性側は……こっちはこっちでそれなりに大きな事件には関わっているのですが。なんというか、CRPGで言う所の「ムービーイベントが流れている」ような状態です。
 二人が進む先に王国の高レベルな騎士様とかレベル18ドラゴンとかが出て来て、あれこれとお話してくださるという……。

 まぁしょうがない。メル嬢とナハト嬢だけでできるゲーム的な行動って、実はかなり少なそうだし。なんかここらは「このキャンペーンに必要なイベントを詰め込んでおきました!」になるのは仕方ないのかもしれん。

 ともかく、グー助が子犬サイズから騎乗用にまで超変身。それに乗って男性陣と合流する事になりました。フォームチェンジする騎獣は、ストラーダではなく子竜の方だったとは……。

 さて、男性陣は女性陣と連絡を取り合っているわけではないので、黒幕の開く集会へ身元を隠して乗り込みます。
 なお、黒幕のダッカス侯爵の目的ですが……「ほとんど最高の権力の持ち主が、今さらなぜ王女やその妹を排斥したいのか、目的がわからんな」と冒頭で会話があったので、どんな目的なのかと思っていたのですが、その動機とは……

「マジで王様になりたい」

 ……同然とか限りなく近い、程度では嫌だった。それが理由だったようです。
 いい歳らしいが、血の気の多い元気な爺さんだ。

 そんなわけで侯爵の集会が始まります。まずは気分良くアジ演説をかまそうとする侯爵。
侯爵(GM)「我々は……」

ラファル(すかさず)「一人の英雄を失った」
ドレム「デ○ーズ・フ○ートである」
アーピー「三年待ったのだ!」

GM「そこは『我々はボー○だ」じゃないのか?

 はて。モトネタがわからぬ。ボー○……? ボー……ボー……
 ボード? 

 BOARD!?

( 0w0)<ウゾダゾンナゴドー!

 そしてタイミングよく、侯爵を少数の部下達とともに上手く孤立させてくれる、王女様の部下達。ラファル達が侯爵を捕えるべく、決戦に乗り出す。

( 0M0)<俺の邪魔をするならカダギッポロッポロ!

 だが侯爵もおとなしく捕まるわけはなく、僅かな手下や妖精を封じたアイテム等を駆使して抵抗を試みる。パーティバランスが悪い事もあり、苦戦を強いられるラファル。

( 0w0)<例えスカウトが一人も居なくても! お前を封印できる筈だ! 俺にマージナル・ライダーの資格があるなら!

 だが危ない所で、グー助に乗ったメル嬢とナハト嬢が助けに来た。ガンダムのアニメみたいに戦闘中に騎獣を乗り換えるラファル。後は一転して押せ押せムードで、見事に敵を押し切って捕えた。

 こうして事件は終わった。解決した後、ラファル達は王女やその妹達に別れを告げ、冒険者として新たに旅立つ事となる。
 ここでもお決まりどおり、王族の方々が「報酬として、それ相応に出世させてやろう」と持ちかけてくるのだが、無論それはお断りとなる。

 ここら辺、和製RPGだと「地位! 金! 名声! 主人公達はそれを得て左団扇で暮らしたのだ! めでたしめでたし」とはなかなかならない。別にバブリーな幸せに落ちついても、それはそれで良いと思うのだが。

 まぁラファル達の場合、まだキャンペーン途中だという理由もあるのだろう。
 あとブルジョワって、それだけで気に入らないし。

 ともかく、4巻の構想など書いてあるし、まだ続刊はするようだ。次にどんなイロモノキャラが仲間になるのか、続きが楽しみな所である。 

(C)田中公侍・グループSNE/富士見書房

|

« もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな | トップページ | 魔装機神(LOE)というゲームが昔あってだな…… »

マージナルライダー」カテゴリの記事

コメント

>「我々は○○だ」
なんかこう、武装した兵隊なり警官なりがバラバラと室内になだれこんでくる映像がフラッシュバックするんですが、なんだろう?
「我々は地球軍だ」(from太陽の船ソルビアンカ)じゃないよなあ。台詞としては弱いし、そもそもボーじゃないし。ボー…ボー…
五十音をひととおり入れてみたものの、記憶の引き出しは開きませんでした。あー気になるー

投稿: HA | 2010年6月 4日 (金) 05時48分

 
『あとブルジョワってそれだけで気に入らないし』
 
 
これが本音ですね

投稿: 整いました | 2010年6月 4日 (金) 12時39分

>>HA殿
まず間違いなく、相当にマイナーなモトネタでしょうね。プレイヤーにもそう突っ込まれているし。
昔、山本弘氏が「マイナーなほどネタの破壊力は増す」みたいな事をどこかで書いていたと思うけど、すぎると空砲になると思いました。

でもライダーネタは許されると俺ルールに書いてある。

>>整いました 殿
そんな事は無い。自分に恵んでくれる金持ちは大好きだ。

投稿: 松友健 | 2010年6月 5日 (土) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/34954852

この記事へのトラックバック一覧です: レビュー マージナル・ライダー(3) 第九話 空飛ぶ女王の護り手:

« もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな | トップページ | 魔装機神(LOE)というゲームが昔あってだな…… »