« なぜ? | トップページ | レビュー マージナル・ライダー(3) 第七話 カン違い登山者 »

2010年4月29日 (木)

不透明

ソードワールド2.0の話。

「たのだん」にキネティックノベル化の話があった事、皆さんは覚えている(知っている)でしょうか。
出て無いし音沙汰無いので、中止になったと思ってました。
シャーリィさんの、読者への精神攻撃(攻撃対象:羞恥心)が懐かしく思えますね。

声優の収録とか主題歌の作製とかシナリオ書きとか、そこらへんはもう終わってるようだったので、何が原因でストップしたのか、全然予想がつきませんが。
まぁここら辺は製作側にしてみれば余計なお世話って所でしょう。

さて、グループSNEのサイトをちょっと見てみたのですが……

なんか――2010年の夏に「ソードワールド2.0 キネティックノベル」とか有るんですけど――。

「たのだん」では無くなり、別のキャラの別の話をやるんでしょうか。
他のリプレイのキャラとかも出て来て合同で何かするんでしょうか。
単なる表記ミスなんでしょうか。
この謎が解けるのはいつなんでしょうか。

なんかこの記事書きながら思い出しましたが、ソードワールド2.0のDSゲームブック。
もう長い事やってませんが。
「ゲームブック」として見た場合、この作品の自分評価としては……

上・中・下のうち、中には入っているでしょう。
中のどこかはまた別の話として。

悲しい事に「ルール通り遊んでもエンディングまで普通に行ける」という時点で“下”からは出て来れます。
過去のゲームブックを思い出すに、それさえ満たせていないブツが結構ごろごろしていましたので。

ギリシャ神話三部作とブラッドソードは本当によく出来ていた。
一見突破不可能で「糞が!」と叫びたくなるが、実はちゃんと遊べるように計算されているからな。
実はそういうゲーム、結構好きです。

FF2も長い事クソゲーだと思い込んでいたな……浅はかさは愚かしい。

|

« なぜ? | トップページ | レビュー マージナル・ライダー(3) 第七話 カン違い登山者 »

TRPG」カテゴリの記事

コメント

若さとは、つまるところ馬鹿さなのです

投稿: ラジバンダリ | 2010年4月29日 (木) 18時43分

若さとは、つまるところ振り向かない事さ。
あばよ涙、よろしく勇気。

投稿: 松友健 | 2010年4月30日 (金) 19時35分

そして愛とは、ためらわないことである!
光の速さで新作出してくれ!

投稿: アリス・イン・カーカバード | 2010年4月30日 (金) 21時24分

光速でタイピングして光速で原稿を送ったが担当に光速で修正要求された。
「フッこの程度の光速が通じるとは思わない事だ」
なんという強大な小宇宙……

投稿: 松友健 | 2010年5月 1日 (土) 22時48分

付け加えれば、若さとは諦めないことであり、愛とは悔やまないことであります!
あばよ昨日、よろしく未来。古い原稿には別れを告げ、修正要求にも泰然と動じず、鷹揚なる心で対応を。
だって、強いやつほど笑顔は優しいのですから!

投稿: HA | 2010年5月 3日 (月) 12時57分

GWですが、訳あって銭が無いので、どこにも行かず原稿修正してます。
貴方と同じですよ。明日が今日よりいい日になれと祈ってます。
思い切り明るく叫んで笑える物にしたいのう。

投稿: 松友健 | 2010年5月 4日 (火) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/34440239

この記事へのトラックバック一覧です: 不透明:

« なぜ? | トップページ | レビュー マージナル・ライダー(3) 第七話 カン違い登山者 »