« ブラッドソードリプレイ2-9 流氷の海 | トップページ | 性根……? »

2010年1月19日 (火)

レビュー マージナル・ライダー(2) 第六話 遮蔽越し歌合戦

Mr8  紆余曲折の末、ラファルは蛮族軍を率いる地獄王子コーカサスバーバリアンを追って海上の敵戦艦へ。仲間達は戦艦が沈むのを見るが、ラファルは帰ってこない。

「でも私、ラファルが生きてるって信じてる」

 そう言うメルティーは、青空の向こうにラファルを見るのであった――。

 

 そんな嘘八百を並べても通じそうなぐらいイケメンなラファルが描かれているが、この巻では普通に事件が解決して普通に続巻されるので安心していい。
 

 さて、肝心の六話の内容だが……この話は要約すると「マージナル・シンガー」である。呪歌ってハマれば強いねー、という結論が出た。聞いてる者へ敵味方無差別に効果を発揮するので、時と場合に左右されがちではあるが……この巻の最終決戦の趨勢を決めたのが呪歌なのは疑う余地は無い。
 敵味方でとりあったブツも呪歌だし、決め手も呪歌。俺の歌をきけー。まさにデカルチャー。ヤーック。

 おっと、この話で新メンバー登場・さらに入れ替えで新メンバー交代とかめまぐるしい事をしてたけど、まぁそいつらについてはあまり触れなくていいよね。
 ヒゲのオッサンと禿ヒゲのオッサンだし。
 ラストバトルに参加したドワーフの方は、離脱したリルドラケン同様の壁+回復型だったけど。これは基本メンバーの構成上、強めの敵と戦う時は壁と回復が欲しいっていう都合があるのでどうしてもこうなりがちになるのだろう。残念ながら、グラスランナーのフェンサー(基本ルールブックに掲載されていたネタっぽいキャラ)とかが面白半分に顔だしする隙間は無さそうだ。

個人的に期待していた展開↓

GM「今回のシナリオ、助っ人は懐かしのあの人達だー!」

シャーリィ「シャーリィでーす!」

チロル「チロルだよー!」

GM「肉弾型バトルヒロインコンビが参戦だー!」

ラファル「で、誰が俺の回復すんねん

 倒れるまで敵と殴り合い、倒れた奴は放置される。死して屍拾う者無し。女キャラ率高いくせに無駄に修羅道を歩まされる伝説のセッションが幕を開ける……!

 

 とりあえず三巻が出たらまた購読しようとは思います。あとがきでラファルがドラゴンライダーになれるまで続けたいとか書いてますし、まだ当分続くでしょう。
 モンスターレベル50000・能力的には5レベル程度の敵を出して無暗に経験値だけ稼がせ、2話ぐらいでドラゴンライダーになるとかいう馬鹿な荒業とか使って無理矢理短期終了させたりしないと思いますし。

ラファル「俺はようやく登りはじめたんだからな……この果てしない竜騎士への道をよ……」

こんなラストなら普通にありえるかもしれんけど。

(C)田中公侍・グループSNE/富士見書房 

|

« ブラッドソードリプレイ2-9 流氷の海 | トップページ | 性根……? »

マージナルライダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/33045817

この記事へのトラックバック一覧です: レビュー マージナル・ライダー(2) 第六話 遮蔽越し歌合戦:

« ブラッドソードリプレイ2-9 流氷の海 | トップページ | 性根……? »