« ブラッドソードリプレイ0-0 レジェンドという世界 | トップページ | ブラッドソードリプレイ1-1 勝利の紋章を奪え! »

2009年10月 3日 (土)

ブラッドソードリプレイ0-1 パーティ結成

Photo 秋月徹也

著作『夢幻の双刃』の主人公その2。

直情・短慮・迷走癖の三重苦にもめげず魔物と戦う好青年。

 

徹也「そろそろキャラクターメイキングに入ろうや。準備できたか?」

??「はいなー。こっちはオッケーだよ」

 

 

 

 

 

3_3 安納美也

著作『夢幻の双刃』の主人公・耕治の娘。

ルート限定のエンディングで登場する。

1項目しか出ないうえ、ベストエンディングでは出て来ないのでほぼ隠しキャラ。存在を忘れても全く問題は無い。

 

美也「そいじゃーさっそく出発しよっか。剣と魔法のヒロイックファンタジーが今、幕開けをだね……」

徹也「……おいぃ?」

美也「叔父ちゃん、どうしたの?」

徹也「滅茶苦茶おかしいだろコレ。このブログは一応“夢幻の双刃”等の著作の販促活動って事になってんだが? なんでお前が時系列無視で出てくるんだよ」

美也「女性キャラ出ないのかって話があったからだよ」

徹也「あー……今まで爬虫類とかヒネた小僧とかがゲストだったからな。まぁ仕方が……いや、それなら“夢幻の双刃”表紙3人で、俺・耕治・美由姉ちゃんになるのが筋じゃねえのか」

美也「ウチ、核家族ってヤツで、一家三人しかいないんだよ。あたしと父ちゃんが家を空けたら、母ちゃん一人になっちゃうじゃない? 寂しいよ、それは」

徹也「あー、なるほどな……いやいや、それでも美由姉ちゃんまで出て来ない理由がわからねえぞ」

美也「父ちゃんが行かないなら出る気無いって叔母ちゃんが言ってた」

徹也「相変わらずだな……安心すべきなのかそうでねえのか」

美也「それに叔父ちゃんもその方がいいと思うよ? 父ちゃんと叔母ちゃんの間に桃色の空気が充満して、叔父ちゃんがはみ子になっちゃうじゃない

徹也「余計なお世話ありがとうよ! とりあえずお前が出てくる理由は無いんじゃねえのか」

美也「いや、実はね。あたし、兄弟か姉妹がずーっと欲しかったの。父ちゃんも母ちゃんもすっごく可愛がってはくれるんだけど、やっぱり親と兄弟姉妹は違うじゃない? だからね、ここで家を長い事空けるわけだよ。そうすれば父ちゃんと母ちゃんは二人っきりで気兼ねないわけだから、あたしが帰る頃には弟か妹が母ちゃんのお腹に仕込まれ……

徹也「家族計画をお前が立ててんじゃねえよ!

美也「でも叔父ちゃんだって、妹とかいたらめっちゃ可愛がりたいクチじゃない? そんな気するよ、あたしは」

徹也「まぁ……否定はせんな」

美也「というわけであたしがパーティ参入で決まりっ!」

徹也「やれやれ。野郎が失せて、一五の女の子が入るとはな。せっかく洋ゲーのリプレイだってのに浮いてる話だぜ

?????「おおっと、それなら俺が世界との橋渡しをしてやるぜぇ」

徹也「誰だ?」

 

 

 

 

 

Photo_2 ディアブロ

著作『魔人竜生誕』に登場。

人界と超自然の世界を渡り歩く妖精の一種。

主人公の味方として現れるが、ルート限定での登場。

『夢幻の双刃』にも顔見世程度に出演。

ディアブロ「俺の濃くて男前なツラなら洋ゲーとの相性もガッチリだぜぇ。絵師さんの技量に感謝あるのみって所か。恰好もそのままファンタジーに持っていけるしな」

徹也「……別にいいけどよ。なんか表情が悪者っぽいぞ、お前」

2 ディアブロ

「ならこんな爽やかヅラはどうよ?

ブルーシートのテントに寝泊まりしてる奴だなんて、我ながら信じられないぜぇ」

 

徹也「ほとんど詐欺なんじゃねえか、これは。魔人竜からのゲストって事で濃い方でいけや」

美也「これでパーティ勢ぞろいだね! それじゃあいよいよキャラクターメイクだ」

 

キャラクターメイキング 

ディアブロ「このゲームのキャラクター作成にサイコロはいらないぜぇ。パーティ人数と各自のクラスを決めれば、能力と装備は固定で与えられるからな。例も兼ねて、先ずは俺から決めようか……パーティが3人だから、各自ランクは3だ。そして俺は魔術師を選ぶぜぇ。すると俺の能力と装備はこうなる」

魔術師(エンチャーンター):異次元からエネルギーを引き出して意のままに操ることのできる、神秘の魔法を修めようとする者。戦士としてはいま一つだが、彼が唱える呪文は圧倒的な力を発揮する。

ランク:3 戦闘力:6 打撃力:サイコロ1個 精神力:8 機敏度:6 生命力:15

装備:剣 銀の鎧(鎧強度:2) 金貨袋(所持金15)

能力:魔術師用の魔法(以下、呪文表)

レベル1

炎のスプレー:全ての敵にサイコロ1個のダメージを与える攻撃魔法。

ナイトハウル:一人の敵に有効な精神魔法。敵は4ラウンドの間、戦闘および射撃の判定でサイコロを1個余分に振らねばならない。

白い火:一人の敵にサイコロ2個+2のダメージを与える攻撃魔法。

レベル2

ソードスラスト:一人の敵にサイコロ3個+3のダメージを与える攻撃魔法。

虎の目:“自分の戦闘力と打撃力を2点ずつ増やす”か“味方全員の戦闘力と打撃力を1点ずつ増やす”かを選べる魔法。4ラウンド有効。

緊急救出:味方全員をFLEEマスにワープさせる魔法。

レベル3

死の霧:全ての敵にサイコロ2個のダメージを与える精神魔法。

バンパイア:一人の敵にサイコロ4個のダメージを与え、自分の生命力をその半分(端数切捨)だけ回復させる精神魔法。

レベル4

雷撃:全ての敵にサイコロ2個+2のダメージを与える攻撃魔法。

死の接触:一人の敵にサイコロ7個のダメージを与える精神魔法。敵が抵抗に成功してもサイコロ2個のダメージを与えるが、この魔法は隣接した敵にしか使う事ができない。

レベル5

ネメシスの電光:一人の敵にサイコロ7個+7のダメージを与える攻撃魔法。

盲目的服従:一人の敵に有効な精神魔法。敵は自律的には行動できなくなり、魔術師の命令通りに動く(戦闘が終わるまで有効)。他の敵を攻撃させる事もできるが、サイコロを1個ふり、6が出たら呪文の効果は消滅する。

非戦闘時の魔法

魔法探知:周囲に魔法がかけられているかどうか調べる事ができる。

予言:近い将来に起こる事を垣間見る事ができる。

ファルタインの召集:異次元にすむ妖精を呼び出して使役できる……が、ずるがしこい小悪党の詐欺師なのでアテにはならない。

 

美也「そんじゃ、あたしも決めるね。よし、ここはファンタジーヒロインらしく、僧侶を選ぼう!

僧侶(セージ):不毛の地カクソスの厳格な修道院で人並みはずれた肉体と精神の修練を積んだ修道僧。

ランク:3 戦闘力:7 打撃力:サイコロ1個+1 精神力:8 機敏度:7 生命力:15

装備:六尺棒 リングメイル(鎧強度:2) 金貨袋(所持金15) 弓 矢筒

能力:弓術 六尺棒術 生命力回復術 超能力

弓術:弓を使って矢を射る事ができる。

六尺棒術:サイコロを3個ふって攻撃を命中させると、打撃力がサイコロ1個増え、命中させた敵の機敏度を次のラウンドのみ0にできる。

生命力回復術:非戦闘時に使用可能。己の生命力を任意に消耗する。サイコロを1個ふり、出た目から2を引く。残った数を消耗した生命点に掛け算し、算出された値を、自分を含む味方間に分配する事ができる(つまり1か2なら消耗のみ、3なら増減無し、4~6ならば生命力を回復させる事ができる)。

超能力:指示がある場合のみ、以下の4つの超能力を使用できる。

読心力:他者の思念を捉え、心を読む事ができる。

透視力:やわらかい障害物を透視する能力。

空中浮遊:体を宙に浮かばせる事ができる。

悪魔払い:幽鬼や死霊を退散させる事ができる。

 

美也「おお! この六尺棒があたしの武器か! よーし、魔物をブン殴ってやるぞ」

徹也「どこがヒロインだよ……神官じゃなくて僧兵だろこれは。さて、俺は……戦士と盗賊のどっちかだな。ここは盗賊で行くぜ

盗賊(トリックスター):キャラクターの中には、正直、公正などを売り物にしている者もいるが、盗賊はその正反対だ。このクラスのキャラクターは、基本的に、ならず者といってもいい。人に好かれる長所もあるが、ならず者であることに変わりはない。盗賊は、もっぱら機転によって生き抜く。相手をだましたり、背後から矢を放ったりして成功したときが、いちばん快感なのだ。

ランク:3 戦闘力:7 打撃力:サイコロ1個+1 精神力:6 機敏度:8 生命力:18

装備:剣 革の鎧(鎧強度:2) 金貨袋(所持金15) 弓 矢筒

能力:弓術 身をかわす技術 ダブルアクション

弓術:弓を使って矢を射る事ができる。

身をかわす技術:盗賊を攻撃する敵は、命中判定のサイコロの目に+1せねばならない。

ダブルアクション:1戦闘に1回、1ラウンドに2回行動できる。2回目の行動はラウンドの最後、全ての敵味方が行動を終えた後で可能。

徹也「盗賊だけボロクソな説明文じゃねえか!

ディアブロ「実は戦士も大概なんだぜ」

美也「あはは、まぁこれで全員準備オッケーだね。それじゃあ、次回はいよいよ冒険の旅がスタートだ! はりきって行こう」

|

« ブラッドソードリプレイ0-0 レジェンドという世界 | トップページ | ブラッドソードリプレイ1-1 勝利の紋章を奪え! »

ゲームブックリプレイ・ブラッドソード」カテゴリの記事

コメント

予想の斜め上なメンツですね……
姉ちゃんが出ないのは残念ですが、アレは惜しいところまで行って全滅ってパターンばかり味わってたから、まあ仕方ないか。
(三名のご無事をお祈りします)
戦士渦巳、盗賊村釜、魔術師徹也、僧侶酒林という濃いメンツも見たいような見たくないような。

投稿: 玄田牛一 | 2009年10月 3日 (土) 23時28分

耕治・美由・徹也の3人組とどっちにするかで最後まで悩みました。
早めに全滅したら顔ぶれ入れ替えて再スタートするかも。
なおメンツが濃くても4人組だと全滅はあっさりになりそう。このゲーム、4人は正直お勧めできないと思います。

投稿: 松友健 | 2009年10月 4日 (日) 18時01分

魔術師ですか!びっくりです。
きっと、あのルートを辿るのではないだろうかと思うのですが、序盤の戦闘も中々きついと思うので頑張ってください!

投稿: ププププーさん | 2009年10月 5日 (月) 06時51分

魔術師ですよ。戦士よりは固有のアクションが多いので、リプレイに向いていると思います。
戦闘に関しては……ま、サイコロ様が意地悪をなさらなければなんとかなるでしょう。
1巻から既にキツイ場所が2カ所ほどありますが、期待値の範囲内ならなんとか。

投稿: 松友健 | 2009年10月 5日 (月) 22時09分

美也たんキタ━(゚∀゚)━!!!!!

初っ端からいい味出してますねえ。
徹也とのコンビもパパに負けてない感じがしますよ?

投稿: HA | 2009年10月 6日 (火) 03時27分

1項目のためだけに即興で考えたキャラなので、物凄く書き易いキャラになっています。
後はサイコロ様の気まぐれで敵に殺されたりしないよう祈るだけだ……。

投稿: 松友健 | 2009年10月 6日 (火) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/31627053

この記事へのトラックバック一覧です: ブラッドソードリプレイ0-1 パーティ結成:

« ブラッドソードリプレイ0-0 レジェンドという世界 | トップページ | ブラッドソードリプレイ1-1 勝利の紋章を奪え! »