« レビュー たのだん(3) 13回目・第7話 | トップページ | レビュー たのだん(3) 13回目・第7話後だし中編 »

2009年8月24日 (月)

レビュー たのだん(3) 13回目・第7話後篇

【ソードワールド2.0リプレイ「たのだん」のレビューと感想です。当然ネタバレしているので注意してください】

F_2安納耕治

著作『夢幻の双刃』の主人公。

虚弱で貧弱だが悪燃費の特殊能力と姉への愛で魔物と戦う好青年。

 

F_3 秋月徹也

著作『夢幻の双刃』の主人公その2。

直情・短慮・迷走癖の三重苦にもめげず魔物と戦う好青年。

 

耕治「さてそれではお立会い。3巻ファーストエピソード、第7話の本編です」

徹也「いつのまにか、このパーティ一同も随分パワーアップしてるな」

耕治「特にシャーリィさんはアイテム補正込みで、筋力が人間の初期値の限界に到達しています。正に文字通りのパワーアップ

徹也「このパーティ、女勢二人が男勢二人より怪力なのな……」

耕治「現時点での各キャラクターの能力はこんな感じです」

 

Photo_2 シャーリィ  人間・女・16歳

器用度14 敏捷度20 筋力24 生命力18 知力18 精神力18

フェンサー6レベル スカウト2(?)レベル マギテック3レベル

 

Photo_3 チロル  ドワーフ・女・18歳

器用度18 敏捷度7 筋力25 生命力20 知力9 精神力19

ファイター7レベル エンハンサー3レベル アルケミスト1レベル

 

Photo_4レクサス  ナイトメア・男・18歳

器用度19 敏捷度18 筋力15 生命力19 知力18 精神力27

プリースト7レベル ファイター3レベル レンジャー1レベル

 

Photo_5 ポポ  タビット・男・14歳

器用度10 敏捷度10 筋力12 生命力19 知力31 精神力22

ソーサラー6レベル コンジャラー3レベル セージ3レベル

 

徹也「神官戦士サマが後衛型になっちまってるな。魔力撃をとったが結局前を支えるのは諦めたか。ところでシャーリィのスカウトにはなぜ“?”がついてんだ」

耕治「劇中、どうも先制値が8ぐらいあるみたいなんだよね。となるとスカウト2レベルよりは高いと思うんだけど。実際は5ぐらいあるのかな?」

徹也「あと生命力が高いな。俺らと偉い違いだ」

耕治「火力バカの僕らよりは明らかに有能。さらにここでキャラクターシート用のイラストも一新されています。ウサギさんがナイスです。イメージ的には魔物へ魔法をかけているんですが、パースを無視すれば鉄球ハンマーで殴っているようにも見えます

徹也「無視しすぎだろ。ガンダム並みの身長のウサギかよ」

 笛吹りなさんのお仕事を、ぜひ買って確かめてください。特にウサギ。

 

 ではシナリオ本編。パーティ一行がいつも通りシャーリィに赤面させようと奮闘していると、懐かしいNPCが訪ねてきた。
16  第一話でパーティに仕事を依頼したヒゲのおっちゃん、ゲイリーである。
 シャーリィが「ヒゲキター!」とたじろぐ一方、「ヒゲキター!」と大喜びで飛びつくチロル。
 ドワーフの女性が人間の少女に見えるというのはこの世界の公式設定だが、精神年齢まで幼いという事も無いと思う……。
 しかしこのリプレイはメーカーの公式リプレイなので、これもあるべきドワーフ少女の姿なのだろう。決してプレイヤーのヒヨコ君の趣味だけでは無い筈だ。
 もう正直になれよ……どうせみんなこういうキャラ好きなんだろ? だったらそれでいいじゃねえか。変に理屈こねなくてもいいよ。幼女とウサギの何が悪いんだよ! もう「たのだん」も漫画化しちまえよ。チロルとウサギが一話完結で泣いたり笑ったりナニかしたりする話でかまいやしねえよ!
 こんな事書いてるとなんか萌え漫画が読みたくなってきたので明日買ってくる。
 おっと、ヒゲの依頼は「とっ捕まった部下を助け出して欲しい」でした。
 あとヒゲは国の結構なお偉いさんでした。
 ついでにヒゲは付け髭でした。
 さらについでに、捕まった部下とは顔馴染みのカサンドラさんでした。

徹也「偶然あった人が関係者だったとは、世間てのは狭いもんだな」

耕治「まぁ毎回NPCが単発こっきりでしか出てこないのも、キャンペーンシナリオとしては面白くないからね」

 クーデリア侯爵領。皇帝の目が届かず、犯罪の温床になっており、治める侯爵が蛮族と取引しているという噂もある地。そこに着いた一行は、協力者のバークレイ子爵邸に向かう。
 侯爵と犯罪組織“デスクリムゾン”の関係を洗っていたというカサンドラ。彼女も子爵の世話になりながら調査を進めていたらしい。子爵自身は床に伏せっているという事で会えないが、執事から色々と話を聞く。
 さて、デスクリムゾンの活動拠点を聞いた一行。翌日、さっそく拠点の一つに正面から殴りこみ、そこで得た情報に従い別の拠点が持つ麻薬園に突撃し、そこにいた連中を締め上げて拠点の方にも特攻をかけ、奮闘の末、なんとか敵を壊滅させた。

GM「シティアドベンチャーなのになんでこんなに力押しばっかりなんだよ!

プレイヤー一同「あっ……」

 

耕治「本当にこんな感じの事が書いてあるから恐ろしい

徹也「なんか、かなりギリギリの結果になったみたいだな。いっそブチ殺しちまわなかったのが、このゲームマスターの優しい所だぜ」

耕治「まぁこれは時代劇のノリで進めちゃったって事で」

徹也「つーかこれ、普通に押し入り強盗なんじゃねえの」 

 

 結局、拠点の地下でカサンドラを見つける事はできた。
 彼女は生きていた。仮死状態のままで、がらんどうの鎧の魔物・カースドアーマーの中に押し込められて。魔物自体も12レベルの強敵、しかも当然ながら、この魔物を倒せば中のカサンドラも死んでしまう!
 不幸中の幸い、カースドアーマー(カサンドラ)は封印の魔方陣に閉じ込められており、こちらから手を出さない限り動く事はない。
 果たしてどうやって助け出すのか? その課題を残したまま、ストーリーは次回へと続くのだ。

(C)藤澤さなえ・グループSNE/富士見書房

|

« レビュー たのだん(3) 13回目・第7話 | トップページ | レビュー たのだん(3) 13回目・第7話後だし中編 »

たのだん」カテゴリの記事

コメント

ポポは始めから主役です!ポポポーションの時からずっとwww

 DSで登場するウサギ(♀)はガンシューのはず・・・ってフェンリルバイト!?前線シューターてかもはや別のモノに!肉弾戦闘用のウサギは狩る側ですね。

 通信対戦的な機能は無いのかなぁ?モ○スターハ○ターはシナリオアップロードしてるんだから、ソードワールドもGM田中が作ったセッションをダウンロードできるようにすればいいのに!
 ドラゴネットにポポを乗せてみたい!ライダーも再現するべきだ!

投稿: ベルゲルミル | 2009年8月24日 (月) 23時27分

例えウサギでも両手利き+追加攻撃+飛び蹴り+牙+ファストアクションの8回攻撃を叩き込めばいかなる敵とも狩れるかもしれない。
無論、効かない攻撃をペチペチ繰り返すだけかもしれない……。

シナリオダウンロードは良いなあ。ポポが鍋にされそうなので助け出すシナリオとか有ったらやる気出過ぎ。

投稿: 松友健 | 2009年8月25日 (火) 07時07分

どうせならリピートアクションも付けて16連続打撃を叩きこみましょう!経験点おかしな事になってますがwそしてクイックランページとバルーンシードショットで20連撃まで!ww
ポポ、可哀相すぎww

投稿: ベルゲルミル | 2009年8月25日 (火) 12時37分

このゲーム、理論上の最大攻撃力を追求したら相当におかしな事になるけど、
「実際のプレイでそんな所までキャラが育つわけない」と割り切ってるフシがありますな。
変に制限かけるよりは良いと思いますが。

投稿: 松友健 | 2009年8月25日 (火) 22時28分

ルール上の最大攻撃力は『神様を召喚して、レベル一定以下のキャラクターを消滅させる』です。・・・グラップラーなど大した事無いですよ、流石にここまでくると。

 だからって訳でも無いですが、低レベルで遊んでいる時の方が面白いと言われる所以ですかね。

投稿: ベルゲルミル | 2009年8月25日 (火) 23時49分

そういえばソードワールドにはコールゴッドがありましたな。最大レベルまで行ったキャラにヘタな制限なくていいだろと言わんばかりに。
まぁNPC専用技のつもりだと思いますけど。
レベルが高くなりすぎると敵味方ともパワー合戦になりすぎるとか、低~中レベルの間ぐらいがバランスとれてて面白いとか、このゲームに限らずある話ですね。

投稿: 松友健 | 2009年8月26日 (水) 07時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/31089038

この記事へのトラックバック一覧です: レビュー たのだん(3) 13回目・第7話後篇:

« レビュー たのだん(3) 13回目・第7話 | トップページ | レビュー たのだん(3) 13回目・第7話後だし中編 »