« ミストキャッスルリプレイ2-15 色町スクワット | トップページ | ミストキャッスルリプレイ2-16.5 適正レベルダウン »

2009年5月27日 (水)

ミストキャッスルリプレイ2-16 動かざること山のごとく

【娼婦街を後にし、三人は修行のため“風の旅団”の拠点へ向かう。三人をいかなる試練が待ち受けるのか……】

F_2

コウジ

人間
ソーサラー(6)/ファイター(5)/スカウト(5)/エンハンサー1

器用度17+2 敏捷度19 筋力18 生命力15 知力26+2 精神力21 

好きな物:故郷の姉ちゃん
嫌いな物:フラグミス

F_3 テツヤ

人間
グラップラー(5)/スカウト(5)/
ソーサラー(5)/エンハンサー1

器用度16+2 敏捷度23 筋力18 生命力17 知力19+2 精神力16 

好きな物:子供と爺ちゃんと小動物
嫌いな物:足の長いイケメン

Photo_4 イシマル

リルドラケン
ファイター(5)/プリースト(5)/セージ(5)/レンジャー1/エンハンサー1 

器用度16 敏捷度12 筋力29+2 生命力33 知力10+2 精神力18 

好きな物:酒とピーナッツ
嫌いな物:おいてけぼり

(今回のMAP)

26 コウジ「今から【追い剥ぎ小路】に向かうわけだけど、途中にある【廃屋】に立ち寄って遺跡を漁っておくよ。これも経験値になるからね」

テツヤ「まぁ部屋が連なってるだけの建物だしな。パパッと潜っちまおう」

【廃墟】F-6

中には研究者の部屋や未完成の魔道メカが襲ってくる部屋などがあったが、さほど苦戦もせずに先へ進む。
隣の区画が安全に休憩できる場所なのでMPの心配をせずに済むのは大きい。
最深部にて大型戦闘用魔道機械・ドゥーム(レベル5モンスター)に襲われたが、既に三人の敵ではなかった。

コウジ「結局。たいしたアイテムはなかったね」

テツヤ「まぁこんなもんだろ。一応、街の古代魔法装置に関する文献はあったしな。俺らがもう知ってる情報だからなんて事無かっただけで」

三人は一路北を目指す。隣の区画が目的地だ。

【追い剥ぎ小路】F-5

三人が“風の旅団”の拠点ル=ロウド神殿に顔を出すと、団長のトホテルは愛想良く歓迎してくれた。
さっそく彼からクエストを請ける。

クエスト:《守りの剣》の探索

霧の街に隠されている、蛮族の力を弱める<守りの剣>の所在地を突き止める(※三人はもう知ってる)。

クエスト:“スエラの炎”の探索

蛮族に反抗する組織“スエラの炎”と連携を取りたいので、その拠点と首領を調べる(※三人はもう知ってる)。

クエスト:“月夜蜂”の探索

蛮族に反抗する組織“月夜蜂”と連携を取りたいので、その拠点と首領を調べる(※三人はもう知ってる)。

コウジ「うん、一歩も動かずに達成できるクエストが3つもあったよ。当然、全部達成だね」

テツヤ「うへえ……またスクワットしながら報酬だけ貰うのかよ」

コウジ「うん、確かに拍子抜けする気持ちもわかるかな」

よって今回は腕立て伏せしながらイシマルに金を受け取らせた。

コウジ「うん、今回のクエスト成功で次のレベルアップに必要な経験値が貯まったね。これで技能も強化できるよ」

テツヤ「なんかもう好きにしろって感じだな」

コウジ「これで各人、主要な3つの技能はレベル6だね。そして例によって、誰か一人の技能レベルを1つ、7にできる。これは僕かテツヤか迷う所だけど、やっぱりテツヤかな」

テツヤ「へいへい、グラップラーを……」

コウジ「違うよ。上げるべきはスカウトだね。これが7になると、戦闘特技《ファストアクション》が自動取得できる。これは1ラウンド目に先攻を取れた時だけ、そのラウンドのみ2回行動できるという特技なんだ。これで1ラウンド目だけ、テツヤは最大で6回攻撃を狙う事ができるようになるよ」

テツヤ「部屋の中でスクワットだの腕立て伏せだのやってばかりだったってのに、そんな特技を覚えられるとは驚きとしか言い様が無えな」

コウジ「凄いね人体。それじゃ次のクエストも請けておくよ」

クエスト:《灼熱の踊り子》亭の奴隷の解放

《灼熱の踊り子》亭には、多くの人々が囚われている。彼らを解放してここへ連れて来る事。

テツヤ「そこにいる蛮族って“月夜蜂”で始末しろって言われてた奴だったんじゃねえの?」

コウジ「そうだね。目的地は一緒だから、二つのクエストを一辺にこなせてお得だね。あちこちから恨まれてる人がターゲットで助かったよ」

テツヤ「荒んだ事言うんじゃねえよ。あくまで人助けを兼ねて行くんだ、わかれ。いいな?」

コウジ「うん、了解。人助けは気持ちがいいよね。こういう事を言うとすぐに偽善がどうとか言う人もいるけど」

テツヤ「良い事に難癖つけて喜んでるような奴は、人助けする側にまわれないタマ無し野郎なんだろうよ」

コウジ「うん、僕らはタマ有り野郎になろうね」

テツヤ「言い回しの言葉尻を捉えてる時点で駄目かもしれねえな……」

|

« ミストキャッスルリプレイ2-15 色町スクワット | トップページ | ミストキャッスルリプレイ2-16.5 適正レベルダウン »

ゲームブックリプレイ・ミストキャッスル」カテゴリの記事

コメント

クエストを解決しても、能力値の上昇は起きないと思いますよ。
P11を読む見直してみたらどうでしょう。

投稿: とおりすがり | 2009年5月29日 (金) 14時31分

読む見直してみました。
OK、了解です。

投稿: 松友健 | 2009年5月29日 (金) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/29823647

この記事へのトラックバック一覧です: ミストキャッスルリプレイ2-16 動かざること山のごとく:

« ミストキャッスルリプレイ2-15 色町スクワット | トップページ | ミストキャッスルリプレイ2-16.5 適正レベルダウン »